僕のいた時間(ドラマ)の動画を1話から最終話までイッキ見!無料フル視聴する方法

僕のいた時間(ドラマ)の動画を1話から最終話までイッキ見!無料フル視聴する方法

なんとか僕のいた時間の動画を無料で見れないかな?

動画配信サービスのFODプレミアム使ってるけどオススメよ!僕のいた時間も無料で見れるし、2週間の無料トライアル期間があるからもし気に入らなければ期間中に解約しちゃえばお金もかからないわよ!

えっ?ホントに無料なの?じゃあ、早速チェックするよ!

\無料で2週間お試しする/

僕のいた時間を今すぐ無料で見る!FODプレミアム公式ページでチェック

僕のいた時間が無料で視聴できる動画配信サービスは?

僕のいた時間の動画が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

動画配信サービス 配信状況
ABEMAプレミアム ×
Hulu ×
U-NEXT ×
dTV ×
Paravi ×
FODプレミアム

僕のいた時間が見られるのはFODプレミアムのみで見放題配信されています。

 

無料トライアル期間が終わると自動的に有料コースに切り替わるので、注意してくださいね。

*2020年7月調べ、最新情報は各種動画配信サービスでご確認ください。

\無料でフル視聴する/

僕のいた時間を今すぐ無料で見る!FODプレミアム公式ページでチェック

FODプレミアムのおすすめポイント!

僕のいた時間のフル動画を無料で視聴するにはFODプレミアムがおすすめです!

FODプレミアムのおすすめポイントをチェックしてみたよ!

  • 初回登録から2週間無料!
  • フジテレビの作品が5000本以上見放題!
  • FODオリジナル作品が視聴できる!
  • 130誌以上の雑誌が見放題!
  • 話題の最新映画もレンタルできる!
  • 最新マンガもお得に購入できる!

 

FODプレミアムってスマホやテレビでも観れるの?

スマホはもちろんテレビやパソコンでも観ることができるよ~

もっとFODプレミアムのことが知りたいなぁ!

FODプレミアム公式ページでチェック

 

僕のいた時間の他にもたくさんの作品も見放題!

FODプレミアム配信中の人気ドラマ

  • コンフィデンスマンJP
  • SUITS/スーツ
  • SUITS/スーツ2
  • ミラー・ツインズ Season2
  • まだ結婚できない男
  • 監察医 朝顔
  • 探偵・由利麟太郎

FODプレミアム配信中のバラエティー番組

  • 全力!脱力タイムズ
  • 発見!タカトシランド
  • 志村友達
  • 千鳥のクセがスゴいネタGP
  • 有吉ベース
  • 突然ですが占ってもいいですか?

FODプレミアム配信中の人気オリジナルドラマ

  • 東京ラブストーリー
  • 運命から始まる恋 -You are my Destiny-
  • パパ活
  • いとしのニーナ
  • グッドモーニング・コール our campus days
  • 花にけだもの
  • シックスティーン症候群

FODプレミアム配信中の韓流ドラマ

  • 流星雨
  • ネコ・バーテンダー
  • アバウトユース~君との距離~
  • 空から降る一億の星
  • 逃亡者 PLAN B
  • 軍師リュ・ソンリョン~懲ビ録<ジンビロク>~

 

*2020年7月現在の情報です。最新情報はFODプレミアムの公式サイトよりご確認ください。

FODプレミアム公式ページでチェック

僕のいた時間の見どころ

主人公、澤田拓人(さわだたくと)は、筋肉が徐々に衰えて呼吸困難に陥り最終的には人工呼吸器をつけないと死に至ってしまう病気、筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)という難病と闘う若者。生きる目的を漠然としか考えていなかったが、自分の余命がわずかだと知り、残された人生を模索していくという物語。

今を生きる若者が、難病に侵され、命のリミットを初めて意識した時、恋人とはどう向き合うのか?家族とはどう向き合うのか?

未来ある主人公・澤田拓人は、自分の病気とどう向き合っていくのか? このドラマの脚本を手がけるのは『僕の生きる道』『僕と彼女と彼女の生きる道』『僕の歩く道』『フリーター、家を買う。』など多数のヒューマンドラマの名作を描いてきた橋部敦子。

時に切なく、そしてハートウォーミングに・・・数々の名作ドラマを手がけてきた橋部敦子が描く、主人公たちの苦悩や葛藤(かっとう)の姿もみどころの一つとなっている。

引用元:FOD公式サイト

僕のいた時間の出演者

三浦春馬

 

この投稿をInstagramで見る

 

haruma🌸🌼🌻(@miuraharuma_official)がシェアした投稿

多部未華子

 

この投稿をInstagramで見る

 

多部未華子(@tabemikako_official)がシェアした投稿

斎藤工

 

この投稿をInstagramで見る

 

斎藤工/齊藤工 Takumi Saitoh(@takumisaitoh_official)がシェアした投稿

風間俊介

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukio Noguchi(@yukkynoguchi)がシェアした投稿

山本美月

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIZUKI YAMAMOTO(@mizuki_yamamoto_official)がシェアした投稿

野村周平

 

この投稿をInstagramで見る

 

野村周平(@nomurashuhei.bkk)がシェアした投稿

浜辺美波

 

この投稿をInstagramで見る

 

浜辺美波&STAFF(@minami_hamabe.official)がシェアした投稿

吹越満

小市慢太郎

浅田美代子

原田美枝子 他

僕のいた時間の口コミや感想は?

僕のいた時間の口コミや感想をチェックしてみたよ!

今まで、このドラマのDVDを借りては、何度も鑑賞してきました。
遂に、もう自分の手元に置こうと、購入に至りました。
ドラマのDVDを購入するのは初めてです。

このドラマは、「ドラマでここまでできるのか」と
見る度に毎回、感嘆してしまいます。
あまりドラマを多く見る方ではないのですが、私の知る限り、
病気を描くドラマとなると、やはり病気というメインテーマが大きく複雑な故に、
他のサブテーマが相対的にどうしても小さくなり、
「病というテーマに当然のように付いてくる付属物」のように感じることがあり
このドラマについてもそのような先入観がありました。
しかし、そんな私の感覚を、このドラマは初回から、爽快な程、裏切ってくれました。

ALSという非常に複雑な病に加え、拓人の家族は、現代日本の家族の持つ病を最初から抱えています。
メインテーマが十分に大きいのに、その「家族としての病」の部分は、
今の日本でもっと深く洞察されるべき、単なるサブテーマに収まらない重要なテーマと感じます。
そんな何重にも複雑に絡まりあう物語を、迫真の演技で描き抜く、三浦春馬。
何度見ていても、毎回圧倒されてしまいます。
まるで1本映画を見たような内容の深さ、濃さ。
単なるドラマの枠を超えているように感じます。

拓人の頬から涙が流れ落ち、いろんな色が滲み広がるあのイメージ。
それぞれの役の感情の揺らぎに、ぴたりと一致する音楽。
繊細で純粋で真っ直ぐなこの物語のイメージが、片時も崩れることなく
一貫して物語を包み込んでいます。
五感をフルに使い、あらゆる感覚で、感じ取ることのできる作品。

DVDが届き、4回目を鑑賞しましたが、
最後の拓人の講演では、以前とはまた異なる想いを抱きました。
「生きる」とは本質的にどういうことなのか。
そのことに真正面から向き合うこと。
そのことを問いかけ続けること。
これからも、自分自身の人生の節目節目で
この物語を通して深めていきたいと感じます。

三浦春馬と多部未華子の組み合わせは、これ以上ない、素晴らしい配役と感じます。
このドラマをきっかけに、お二人が最初に共演した「君に届け」も鑑賞しましたが
そちらも素晴らしかった。
お二人の持つ、真っ直ぐで透明で一途な雰囲気がとても好きで
こころが透明にろ過されてゆくようです。
またぜひどこかで共演してほしい二人です。

DVDに付属の特典もとても良かったです。
特に未放送シーンが含まれていること。
それらのシーンを見ることができ、新しい気付きも生まれました。

引用元:Amazon

 

放送開始直前に、ある情報番組に番宣でゲスト出演していた
俳優 三浦春馬が、真っ直ぐな視線でカメラに向かい
「一生懸命に演じたいと思っています」
「ぜひ見て下さい」
と語っていたのが印象的だった。

ALSという未知の難病に侵された事実を受け入れ、
「今の自分にできることやる」を目標に決して逃げず、
卑屈にならず、素直にサポートを受ける決心をして、
病魔と真摯に向き合う拓人(三浦春馬)の勇敢な姿に
毎回、目頭が熱くなった。

そんな兄に突き動かされ、自己中心的で協調性を欠く弟が
自分を見つめ直し、心から兄を尊敬し、慕い、助言を求め、
信頼を深めていく光景に胸打たれる。

愛情表現が下手で、弟に病院を継がせることに執着する母親、
体裁を重んじる医師の父親も、生きることを決して諦めない
息子を目の当たりにし、親としての上辺だけでない真の愛情を
見出だし、何が息子達にとってベストな選択なのかを熟慮する
ようになっていく。

拓人の純粋で実直な人柄が
唯一無二の親友、
内心は人気者の彼に嫉妬していた先輩、
そして誰より彼の側に居たいと願い、生涯を共にする誓いを立てた恋人
(多部美華子)ら、大勢の心を掴んで放さない。

前向きな意識とは裏腹に、行動を制限されていく主人公。
健康でいられることの幸せ、今を精一杯生きることの大切さ、
頼れる人間が側に居てくれることの有り難さを痛感させられる。

人工呼吸器を受け入れ、自分のために、
自分を愛してくれている人のために、
生き抜くことを選んだ拓人

「生きていてくれて、本当にありがとう」

引用元:Amazon

 

ただ毎日を漠然と生きてきた私にとって、本ドラマは、とても心に響く物語となりました。

健常者であった澤田拓人(三浦春馬)の体に病魔が忍び寄り、徐々に筋肉が衰えていくことを告知され、死と対峙し、改めて生きるとは何ぞや?!と自問自答していく物語。当初、拓人と主治医の谷本先生(吹越満)との間に意見の齟齬が生じ、心の葛藤や、自暴自棄になりかけた時期もあったが、やがて自身の難病であるALSを受け入れていく拓人の心の変遷を、全11話を通して、とても丁寧に描写しているストーリーです。

もし仮に、自分が同じような難病にかかったら?!と想像したときに、残された余命をどのように過ごしたらいいのか、はじめ私自身全く答えが出てきませんでしたが、本ドラマを最後まで見ることによって、病気とのうまい付き合い方(生きるヒント)みたいなものを漠然とではありますが、感じ取ることが出来るようになった気がします。

陸人(野村周平)に、「何かさ、目標を見つけることが俺の目標みたいだな!」と語り掛けた拓人の言葉が、今でも私の脳裏に焼き付いて忘れられません。

社会というコミュニティに参加することへの大切さや、普段、考えもしなかった自分という人間の存在意義とは何ぞや?!ということにまで深く考える切っ掛けを与えてくれた本ドラマは、大変意義のある素敵なヒューマンストーリーです。今冬イチオシの作品であること請け合いです。

P.S.恵(多部未華子)や守(風間俊介)、そして何より家族との深い絆に心打たれました。また、ドラマの主題歌であるRihwaの歌う「春風」が、何とも切なく、ドラマの雰囲気にマッチしていてとても良かったです♪

引用元:Amazon

 

できうる限り、ドラマや映画、たまに舞台を見るようにしています。
が、ここまで上質なドラマに今の日本で出会えるとは思いもしていませんでした。
ドラマは視聴率がすべてではない、ということを示したくて、購入します。

多部未華子さん目当てで見始めたドラマでした。
正直、三浦春馬さんには、単に顔とスタイルに恵まれた俳優さん、程度の認識しかありませんでした。

ところが。機能不全家族(とはいえ、日本のあちこちで見られる家族ではあるが)を背景にした屈折を
チャラさで誤魔化す若者を非常に上手に演じている一話目から「お、いつもと違う?」と思わせてくれました。
病気が発覚してからは、ドキュメンタリーを見ているかのような演技に圧倒されました。

口数は少なくとも信頼の置ける医師・吹越満さんの素晴らしい存在感はもちろん、
その他の出演者の方も誰が欠けても他の誰が演じてもダメというほど、キャスティングがはまっていました。

病気・障害・人生など得てして重くなりがちなテーマを真正面から誠実に描きながらも、
最後まで軽妙なテンポ感や現代の空気感を忘れなかった(がゆえに、リアリティをもって訴えかけてきた)
演出にも拍手を送りたいです。最近、フジテレビには冷めた目を送っていましたが、見直しました。

三浦春馬さん、多部未華子さん、斎藤工さん、風間俊介さん、山本美月さん、野村周平さん、
これからどんどん実力を伸ばして、様々な作品で拝見できることを期待しています。

引用元:Amazon

\ 2週間トライアルで無料視聴!/

僕のいた時間を今すぐ無料で見る!FODプレミアム公式ページでチェック

 

タイトルとURLをコピーしました