左ききのエレン(ドラマ)動画を1話から最終話までイッキ見!無料フル視聴する方法

左ききのエレン(ドラマ)動画を1話から最終話までイッキ見!無料フル視聴する方法

なんとか左ききのエレンの動画を無料で見れないか探してるんだけどいい方法はないのかなぁ?

 

動画配信サービスのU-NEXT使ってるけどオススメだよ!左ききのエレンも無料で見れるし、31日間の無料トライアル期間があるからもし気に入らなければ期間中に解約しちゃえばお金もかからないよ!

えっ?ホントに無料なの?じゃあ、早速チェックしてみるわ!

\無料で31日間お試しする/

左ききのエレンを今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

この記事では、左ききのエレンの動画を安心安全に無料で視聴する方法をご紹介していきます。

左ききのエレンが無料で視聴できる動画配信サービスは?

左ききのエレンの動画が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

動画配信サービス 配信状況
Hulu ×
ABEMAプレミアム ×
U-NEXT
dTV ×
Paravi ×
FODプレミアム ×

左ききのエレンが見られるのはU-NEXTのみで見放題配信されています。

 

U-NEXTに無料登録することで有料作品も見れるポイントが600円分もらえるし19万本以上が見放題とダントツに多いことや無料トライアル期間が31日間と長く、動画以外にも80誌以上の雑誌も読み放題から断然お得なんです。

無料トライアル期間内であれば、もちろん左ききのエレンの動画をを1話から全話無料でイッキ見することができますよ!

 

無料トライアル期間が終わると自動的に有料コースに切り替わるので、注意してくださいね。

 

\無料でフル視聴する/

左ききのエレンを今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新情報は各動画配信サービスにてご確認ください。

U-NEXTのおすすめポイント

左ききのエレンのフル動画を無料で視聴するには1番U-NEXTがおすすめです!

U-NEXTのおすすめポイントをチェックしてみたよ!

  • 190,000本以上の動画が見放題!
  • 登録時に最新作のレンタルに使えるポイントが600円分もらえる!
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる!
  • 初回登録から31日間の無料トライアルがある!
  • 動画以外にも80誌以上の雑誌が読み放題
  • 最大4アカウント作れるから家族で分け合える!
  • ダウンロード機能があるからどこでも視聴可能!

U-NEXTの無料トライアル特典がコレ!

U-NEXTってスマホやテレビでも観れるのかな?

スマホはもちろんテレビやパソコンでも見ることができるわよ~

もっとU-NEXTのことが知りたいなぁ!

U-NEXT公式ページでチェック!

左ききのエレンの他にもたくさんの作品も見放題!

U-NEXT配信中の人気ドラマ

  • コウノドリ(2017)
  • GTO
  • きのう何食べた?
  • 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~
  • 民王
  • ゆうべはお楽しみでしたね
  • 架空OL日記

U-NEXT配信中のバラエティー番組

  • 千原ジュニアのヘベレケ
  • ブラタモリ(ポイント)
  • 超ムーの世界 R
  • TOKYO BB
  • よしもと新喜劇
  • ザキとロバ

U-NEXT配信中の韓流ドラマ・映画

  • キム秘書はいったい、なぜ?
  • 太陽の末裔 Love Under The Sun
  • 僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~
  • サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~
  • 相続者たち
  • 星から来たあなた
  • 力の強い女 ト・ボンスン

U-NEXT公式ページでチェック!

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

左ききのエレンの見どころ

かっぴーの人気コミックを神尾楓珠と池田エライザのW主演で実写化。凡才と天才、相対する2人の敗北や挫折を通して、本当の“自分”を発見するまでをリアルに描き出す。

引用元:U-NEXT公式作品ページ

左ききのエレンのストーリー

いつか“何者か”になることを夢見る朝倉光一。一方、芸術的才能に恵まれながらも、天才故の苦悩と孤独を抱える山岸エレン。高校時代に出会った2人はやがて、大手広告代理店のデザイナー、N.Yを活動拠点とする画家として、それぞれの道を歩むのだが…。

引用元:U-NEXT公式作品ページ

左ききのエレンの出演者(キャスト)

出演

(朝倉光一) 神尾楓珠

(山岸エレン) 池田エライザ

(神谷雄介) 石崎ひゅーい

(加藤さゆり) 中村ゆりか

(三橋由利奈) 今泉佑唯

(流川俊) 吉村界人

(朱音優子) 田中真琴

(園宮千晶) 久保田紗友

(岸あかり) 八木アリサ

(柳一) 丸山智己

 

監督

後藤庸介

深迫康之

本間利幸

 

原作

かっぴー

 

音楽

出羽良彰

 

脚本

根本ノンジ

守口悠介

本田隆朗

 

製作

中野伸二

林誠

楮本昌裕

左ききのエレンのクチコミや感想は?

 

左ききのエレンのクチコミや感想をチェックしてみたよ!

今に抗えないビジネスマンに届ける応援歌。天才に勝てず、だけども人生の主役になりたい主人公のひた向きさ、諦めない心、這い上がる野心、サラリーマンの心に突き刺さる広告代理店デザイナーの物語。

いやー、面白かった!
今まさにサラリーマンとしての転機で、新しいことに挑戦しようとする自分にど刺さりした作品でした。
Twitterでもお世話になっている背骨さんからのご紹介。
最初は池田エライザがタイトルにもある「左ききのエレン」の天才役をやっているので、エライザ目的でした。

しかし、ドラマが進行するにつれて、主人公の朝倉光一役を演じる神尾楓珠に感情移入して、まさかの10話(+アナザーストーリー1話)を一気見してしまいました。
これサラリーマンでもがき苦しむ人間には共感できる部分が多いのではないでしょうか。仕事のあるあるからこの作品が届けるエールの意味でのメッセージ性、数々の名ゼリフと夢中になる要素がふんだん。

原作は読んでいないのでわかりませんが、本ドラマで天才側の人間山岸エレンがあくまで引き立て役に回っているという構成にも好印象。
天才には天才なりの苦悩があるのかもしれません。それはエレンが描けなくなるというスランプに陥ることから感じますが、あくまで彼女の存在は主人公の光一が一度折れそうになっても再度立ち上がるための“光”の存在として描かれていました。

会社でも石田ひゅーい演じる天才側の人間エースデザイナーの神谷雄介が光一の上司として、絶妙な飴と鞭を与えながら光一は成長していきます。
だけど、そこは会社という組織。中盤から登場する丸山智己演じる鬼上司の柳一が言っていた会社にいる4種類の人間。これがまた「なるほどな」と共感せざるを得ませんでしたが、“替えのきかない有能”である神谷は光一の前から去り、そして光一の前に立ちはだかったのが柳です。
あまりにも恐ろしい前時代的なスパルタ指導。神谷の手から離れ、柳のもとで育つことで、光一はどんどん闇堕ちしていくんですが、彼は様々な人間との関わり合いの中で“主役”に近づいていくんですね。

とはいえ天才のような“主役”になるのではなく、彼らには彼らにしかできない役割があり、その中で輝きを増していく。そんな導き方が今の私に大いに刺さりました。

個人的には序盤の方の石田ひゅーい演じた神谷上司のパートが特に好きでした。「できないやつの気持ちなんてわからない」と苦言を呈される場面もありましたが、彼はデザイナーとして天才でも1人の上司として部下と向き合う努力をしていました。それがとても好印象。だけど、それがすべて上手くいくわけではないというところが現実のサラリーマンとも上手くリンクしていて現実味が強く感情移入しやすかったです。

天才モデル岸あかり役の八木ありさ、コピーライター志望の営業マン流川俊役の吉村界人、光一の同僚である三橋由利奈役の今泉佑唯、光一の学生時代の恋人でエレンのマネージャーを務める加藤さゆり役の中村ゆりかと個性的で魅力的なキャストが多い中で、主役の光一役の神尾楓珠が特に際立っていたのは作品のテーマ性とも合致してかなり好感が持てました。
個人的な好みでいうと流川の部下として登場する朱音優子役の田中真琴が好きでしたね。全体的には影が薄いんですが、U-NEXT限定の流川を主役にしたアナザーストーリーで流川と朱音が中心になるので注目して観ていました。

けど、とにかく印象強かったのは丸山智己演じる柳ですね。今の時代にあれやると完全にパワハラで訴えられるレベルですが、ドラマというフィクション、エンタメ作品としてあの特異なキャラは主人公を成長させる上でとても大きな役割を果たしていました。

演技の面では全体的にちょっとイマイチと思う部分もあったのですが、とにかく作品のテーマ性や心に刺さる台詞の数々に満足度が高いです。結果的に明日からも頑張ろう!と前向きにさせてくれるドラマでした。

引用元:https://filmarks.com/

 

広告代理店というやや特殊環境を舞台にした作品で、
深い共感を得られるのは結構一部かも。

でも、原作の強めのアクをうまく抜いて、
広告代理店のことがよくわからなくても、
置いていかれないくらいの
脚本には昇華できていたと思う。

かみおくんはこれからの活躍が期待できる演技。
いつも柳楽優弥と見間違える。

エライザは難しい役どころをうまくやったと思う。ただ、エレンの鬼気迫る迫力を出すにはちょっと顔がふっくらしすぎだったかも。

八木アリサは当たり役。180くらいあるようにしか見えない迫力だったが168なのか…。どんなスタイルしてるんだ…

不覚にも神尾くんの最後の演説では熱いものがこみ上げてきた。

何か新しいものを創ることに携わる者(広義のクリエーター)なら
誰もが感じている想いに一つのヒントを与える作品だった。

引用元:https://filmarks.com/

 

最終回が良かった。
全てがそこに帰着してた。
天才になれなくても、そいつにはそいつの良さがある。
左利きのエレン、知ってたけど食わず嫌いで避けてました。
元業界経験者としては代理店のパワハラ描写とか、リアルで見てて少ししんどい。
でも、これからの時代はもっと軽やかに、自由に、変わって行くはず。
なのでノスタルジックな気持ちになりました。

引用元:https://filmarks.com/

 

原作ファン。

主演の演技が最初不安でたまらなかったけど、最後の方は意外とハマって良かった。
池田エライザのエレンは最高だったなぁ。
いかにもエモいみたいな映像も最初は鼻についたけど慣れたし、あえてここがダメというなら岸あかりのシーンは全体的に寒かったかなくらい。

まぁフィルマークスの評価が低いのもわかるような気はするけど、めっちゃグッと来るドラマ。決してクリエーターだけの話じゃない。何者にもなれなかったと思ってる全サラリーマンのためのドラマ。

ちなみに原作はもっともっと熱い。

引用元:https://filmarks.com/

\ 31日間トライアルで無料視聴!/

左ききのエレンを今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

 

 

タイトルとURLをコピーしました