女王の教室(ドラマ)の動画を1話から最終話までイッキ見!無料フル視聴する方法

女王の教室(ドラマ)の動画を1話から最終話までイッキ見!無料フル視聴する方法

女王の教室の動画をなんとか無料で見れないか探してるんだけどいい方法はないのかなぁ?

 

動画配信サービスのHulu使ってるけどオススメだよ!女王の教室も無料で見れるし、2週間の無料トライアル期間があるからもし気に入らなければ期間中に解約しちゃえばお金もかからないよ!

ホントに無料なの?早速Huluをチェックしてみるわ!

\無料で2週間お試しする/
*本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新情報はHulu公式サイトにてご確認ください。

この記事では、女王の教室の動画を1話から最終話まで安心安全に無料でフル視聴する方法をご紹介していきます。

女王の教室が無料で視聴できる動画配信サービスは?

女王の教室の動画が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

動画配信サービス 配信状況
Hulu
U-NEXT ×
ABEMAプレミアム
×
dTV ×
Paravi ×
FODプレミアム ×

女王の教室が見られるのはHuluのみで見放題配信されています。

 

無料トライアル期間が終わると自動的に有料コースに切り替わるので、注意してくださいね。

*2020年7月調べ、最新情報は各動画配信サービスにてご確認ください。

\無料でフル視聴する/

女王の教室を今すぐ無料で見る!Hulu公式ページでチェック

Huluのおすすめポイント

女王の教室のフル動画を無料で視聴するには1番Huluがおすすめです!

Huluのおすすめポイントをチェックしてみたよ!

  • 初回登録から2週間トライアル期間がある
  • 月額料金1,026円税込で追加課金が一切なしなので安心
  • ■動画配信サービスでしか見られないオリジナル作品がある
  • 60,000本以上作品が見放題
  • 日テレ系ドラマやバラエティーが豊富で海外ドラマも充実

Huluってスマホやテレビでも見られるのかな?

スマホはもちろんテレビやパソコンでも見ることができるよ

 

もっとHuluについて知りたいなぁ!

Hulu公式ページでチェック

 

女王の教室の他にもたくさんの作品も見放題!

Hulu配信中の人気ドラマ

  • 今日から俺は!!
  • コウノドリ(2017)
  • あなたの番です
  • ハケンの品格
  • きのう何食べた?
  • 奥様は、取り扱い注意
  • 3年A組 -今から皆さんは、人質です-

Hulu配信中のバラエティー番組

  • マツコ会議
  • 有吉の壁
  • 有吉反省会
  • 月曜から夜ふかし
  • 電波少年
  • ウチのガヤがすみません!

Hulu配信中のオリジナル番組

  • ブラを捨て旅に出よう ~水原希子の世界一周ひとり旅~
  • 雨が降ると君は優しい
  • 渡部の歩き方 グルメ王の休日
  • 臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019
  • 乃木坂どこへ
  • ミス・シャーロック/Miss Sherlock
  • 架空OL日記

Hulu配信中の韓流ドラマ

  • 彼女はキレイだった
  • 美男(イケメン)ですね
  • 帰ってきてダーリン!
  • 相続者たち
  • シグナル
  • 青い海の伝説
  • 花郎 <ファラン>

 

*こちらの情報は2020年7月現在です。最新情報はHuluの公式サイトよりご確認ください。

Hulu公式ページでチェック

女王の教室のあらすじ

この物語は、悪魔のような鬼教師に、小学6年の子供達が戦いを挑んだ一年間の記録。新しく6年生になる神田和美(志田未来)は、始業式の日、自分が通う半崎小学校に阿久津真矢(天海祐希)という新任の教師がやってくると知った。母・章子(羽田美智子)の話によると、真矢は2年間現場から離れてはいたものの、受け持った生徒の成績を必ず上げ、私立への合格者も出す優秀な教師らしい。だが、姉の優(夏帆)は、真矢に関して信じられないほどの恐ろしい噂があると言う…。

引用元:https://www.ntv.co.jp/

女王の教室の出演者(キャスト)

出演

阿久津真矢…天海祐希

神田章子…羽田美智子

天童しおり…原沙知絵

神田武…尾美としのり

神田優…夏帆

神田和美…志田未来

真鍋由介…松川尚瑠輝

進藤ひかる…福田麻由子

上野教頭…半海一晃

近藤校長…泉谷しげる

並木平三郎…内藤剛志

女王の教室のクチコミや感想は?

女王の教室のクチコミや感想をチェックしてみたよ!

2007年放映の日テレ土曜ドラマで天海祐希と志田未来がバトルする普通の小学校教育モノとしか認識せず、今の今まで然程の興味が無かったが観て吃驚した。
スポンサーがクレジットを映さない等の物議を醸したのが頷けるかなりハードなストーリーで、脚本が「GTO」「家政婦のミタ」の遊川和彦と知って納得した。ライト作品が定番の日テレも時々大胆なスマッシュヒットを放つが、本作は間違いなく場外ホームランだろう。
全11話の中に埋め込まれたテーマは非常に多くて驚く。社会で生きていく為の高き壁になる厳格な教師像は想像通りなのだが、その手法たるや学園ドラマの範疇を軽く超えているシビアな内容に思わずのけ反ってしまった。
天海祐希演じる阿久津真矢が志田未来演じる神田和美ら生徒に与える試練は、現代の国民統制型国家の縮図かの様な締め付けのオンパレードで、国内ではさしづめブラック企業の様だ。
生徒同士の相互監視体制、スケープゴートの見せしめによる恐怖政治、秘密警察張りの密告報償制度、組合組織による連帯責任制、生徒を二分化・対立させて混乱させる誘導、進学と言う実利を餌にした親の懐柔策、等々の恐ろしい社会統制型の仕打ちの連続には素直に背筋が凍った。
これ等の冷徹な操縦を志田未来が仲間と共に乗り越えていく事で逞しく変貌し、最後には子供も親も教師たちも真矢に感謝し、凛々しい中学生になって蝶の様に羽ばたいていく。
確かに無茶苦茶な設定で、外見も来歴もダース・ベイダーを模した真矢女王は現実離れしている。
でもその中身たるや、大人達が国民として、社会人として、サラリーマンとして肝に銘じておくべき内容で、巧妙に形を換えて実際に行われている現実なのだ。
まさに終盤戦、反目せずに連帯し、圧倒的な権力に毅然と対抗する小学6年生達は最早子供には見えなかった。その意味で本作の真の主役は神田和美だとの遊川氏の説明には納得だ。しかも志田未来なくして成立しない素晴らしい演技だ。
場外編として母親役の羽田美智子の主婦からの自立も良くできていた。校長と教頭のキャラがかなり重複していた点だけが勿体ないが、それ以外は完璧な演出なので一気に観てしまう。
かなり異色な学園ドラマだが、唯一無二の観ておいて決して損はない怪作だと思います。

引用元:Amazon

 

先月のSPを見るまでつまらない学園ものと決めつけて無視していました。が、正直言って完全に降参です。このドラマは奇跡的です。このドラマを観て「所詮はフィクションさ」と思ったあなた、あなたは幸せな人生です。世の中はこのドラマ以上に無茶苦茶なことが多々あります。

テレビドラマなのでかなり現実離れしたストリー展開が部分的に存在しますが、このドラマのすごいところは人間描写のリアルさです。「あんな学校や教師がいるわけねえじゃん」と思う人は幸せです。私の通っていた小学校では、小学二年生で強姦未遂した奴や小学五年生の放火魔などが実在しました。また、本当につまらないことが原因で始まったイジメを多数見てきましたし、私自身がイジメの加害者にも被害者にもなりました。主人公のような人格の教師と出会ったことも2度あります。だから、このドラマを見て、誇張はあるものの、リアリティを感じずにはいられませんでした。

さらに、重要なのは、どの組織にも存在する現象ですが、本当に良いことを考えそれを実行しようとすればするほど、まわりの人間との軋轢が強くなり、孤独になっていくという現実です。主人公のまわりにいる人間はやや極端な設定の部分もありますが、世間の大人や親というものが、結局は自分のことだけしか考えていないというのは、どうしようもない日本の現実だと思います。

社会の一員としてより良い世の中にしようと思って行う努力が、「多数決=民主主義=正しい」という愚かな誤解によって押しつぶされてしまうことが世の中にはたくさんあります。

このドラマは、そうした社会矛盾を再提示してくれるとともに、学校教育がまだまだ捨てたものではないという夢を与えてくれます。

引用元:Amazon

 

今、DVDで再度見返してみたが、やはり、良いドラマだと思います。前半において、いじめのシーンや、由介の両親のことを言われるシーンが「ひどすぎる」という意見が数多くあったみたいだけど、全くドラマのことを分かっていない、という感じです。和美がいじめられたのは、真矢もつらかったかもしれないけど、それは、後半の母親への言葉に出てくるように、彼女は、嫌われたくないという理由から、友達がほしいといっていたわけで、真矢はそれを見抜き、「本当の友達」とは何か?ということを和美に言いたかったからだと思います。前半でも、真矢(天海さん)の目の演技は、すばらしいです。特に、ひかるが和美を助けたときや、和美が由介のことを、好きというときも、非常に優しい目をしていました。ラストの2回がダメということを言う人も、このドラマを何にも分かってない人で、悲しくなりますね。和美たちが成長してきた、ということを書いていた人がいましたが、自分も同感です。真矢は別に子供にこびてはいません。言っていることも一貫しております。結局、真矢は、「誰かにいわれかたら」、とか、「なんでも親に言えば」とかいっている子供に、自分の考えで自分のことを決められる人間にしたのでしょう。今の「個人、個人といいながら都合の悪いときは親などに頼る子供が多い時代においては、それだけでもまさに「奇跡」ですよね。

引用元:Amazon

 

勝負している作品である。
何より作り手の信念と覚悟と確信に満ちた作品である。

TVドラマとか、小説とか映画とか関係ない。表現したい、伝えたいモノがあって、それをTVドラマという媒体のルール従ってぶつけている、それだけな感じがする。

当時は教育上の倫理観でとやかく言われたが、このドラマの本質はそんなものを遥かに凌駕している。その証拠にその本質を表現する子役達やストーリー、セリフが奇跡的に輝いている。

このドラマで表現している本質は「生きる力」である。
脚本家の遊川和彦氏が恐らく一貫して守っているであろう事は「人の生きる力はその人の中に必ずある」という思いである。
生きる力や思いやりといった人間性は決して他から教えられ、与えられるものではなく、いかにその人から引き出していくかだ、という硬い信念である。
それは、このドラマのテーマである「教育」自体の本質を突く鋭い信念でもある。
その信念を倫理観に怯える事なく徹底的に表現しているからこそ、このドラマは傑作なのである。

鬼教師による教育=悪、子ども達の戦い=善という徹底した勧善懲悪の対立構造が後半、子ども達の生きる力の獲得と成長により変質する。子ども達は逆にその「悪」を自らを成長させてくれた、宝のようなモノとして、守ろうとし始めるのである。しかし社会的にはその「悪」を尚も倫理的に排除しようとする正当な教育委員会の手が無情にも迫っていく。。
見ていて、もはや何が正しい事なのか、何が間違った事だったのか分からなくなり、ドラマとしての構造の歪みや崩壊が画面一杯に広がっていく。
しかし、その中でも視聴者に確信と安心を与えてくれるものは子ども達が獲得した「生きる力」なのだ。それだけがこのドラマの中で確かなことなのだ。

まさに、視聴者を揺さぶり、横っ面をひっぱたく皮肉に満ちた素晴らしい作品である。

こんな素晴らしい作品に同時代で出会えた事を感謝しつつ、こんな時代だからこそ必要とされるぶっとんだ作品を遊川和彦氏にはこれからも期待したい。

引用元:Amazon

\ 2週間トライアルで無料視聴!/

女王の教室を今すぐ無料で見る!Hulu公式ページでチェック

 

 

タイトルとURLをコピーしました