キングダム(映画)の動画は無料で観れない?スマホでフル視聴する方法!

キングダム(映画)の動画は無料で観れない?スマホでフル視聴する方法!

キングダムの動画をなんとか無料で見れないか探してるんだけどいい方法はないのかなぁ?

 

動画配信サービスのHulu使ってるけどオススメだよ!キングダムも無料で見れるし、2週間の無料トライアル期間があるからもし気に入らなければ期間中に解約しちゃえばお金もかからないよ!

ホントに無料なの?早速Huluをチェックしてみるわ!

\無料で14日間お試しする/
*本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新情報はHulu公式サイトにてご確認ください。

 

 

この記事では、キングダムの動画を安心安全に無料でフル視聴する方法をご紹介していきます。

キングダムが無料で視聴できる動画配信サービスは?

キングダムの動画が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

動画配信サービス 配信状況
Hulu
U-NEXT ○(ポイント)
ABEMAプレミアム
×
dTV ○(チケット)
Paravi ○(チケット)
FODプレミアム ×

キングダムが見られるのはHuluのみで見放題配信されています。

 

無料トライアル期間が終わると自動的に有料コースに切り替わるので、注意してくださいね。

*2020年7月調べ、最新情報は各動画配信サービスにてご確認ください。

\無料でフル視聴する/

キングダムを今すぐ無料で見る!Hulu公式ページでチェック

Huluのおすすめポイント

キングダムのフル動画を無料で視聴するには1番Huluがおすすめです!

Huluのおすすめポイントをチェックしてみたよ!

  • 初回登録から2週間トライアル期間がある
  • 月額料金1,026円税込で追加課金が一切なしなので安心
  • ■動画配信サービスでしか見られないオリジナル作品がある
  • 60,000本以上作品が見放題
  • 日テレ系ドラマやバラエティーが豊富で海外ドラマも充実

Huluってスマホやテレビでも見られるのかな?

スマホはもちろんテレビやパソコンでも見ることができるよ

 

もっとHuluについて知りたいなぁ!

Hulu公式ページでチェック

 

キングダムの他にもたくさんの作品も見放題!

Hulu配信中の人気ドラマ

  • 今日から俺は!!
  • コウノドリ(2017)
  • あなたの番です
  • ハケンの品格
  • きのう何食べた?
  • 奥様は、取り扱い注意
  • 3年A組 -今から皆さんは、人質です-

Hulu配信中のバラエティー番組

  • マツコ会議
  • 有吉の壁
  • 有吉反省会
  • 月曜から夜ふかし
  • 電波少年
  • ウチのガヤがすみません!

Hulu配信中のオリジナル番組

  • ブラを捨て旅に出よう ~水原希子の世界一周ひとり旅~
  • 雨が降ると君は優しい
  • 渡部の歩き方 グルメ王の休日
  • 臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019
  • 乃木坂どこへ
  • ミス・シャーロック/Miss Sherlock
  • 架空OL日記

Hulu配信中の韓流ドラマ

  • 彼女はキレイだった
  • 美男(イケメン)ですね
  • 帰ってきてダーリン!
  • 相続者たち
  • シグナル
  • 青い海の伝説
  • 花郎 <ファラン>

 

*こちらの情報は2020年7月現在です。最新情報はHuluの公式サイトよりご確認ください。

Hulu公式ページでチェック

キングダムのあらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年の信と漂は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる…。王宮では王の弟・成キョウによるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。「お前に頼みたいことがある」血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。「今すぐそこに行け!…お前が羽ばたけば、俺もそこにいる…。信!俺を天下に連れて行ってくれ…」力尽きる漂。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。たどり着いた先で、信の目に飛び込んできたのは、冷静にたたずむ漂の姿だった!?死んだはずの漂がなぜ-

引用元:Hulu公式ページ

キングダムの出演者(キャスト)

出演

山崎賢人

吉沢亮

長澤まさみ

橋本環奈

大沢たかお

本郷奏多

満島真之介

阿部進之介

深水元基

高嶋政宏

坂口拓

要潤

橋本じゅん

宇梶剛士

加藤雅也

石橋蓮司

キングダムのクチコミや感想は?

キングダムのクチコミや感想をチェックしてみたよ!

素晴らしい出来映えに、感謝の気持ちで久し振りに映画館で拍手した。
漫画の実写化としては満点の出来で、その仕上がりに原作ファンは絶賛だ。何度も全巻読み返す我が家全員が納得したのだから間違いない。また歴代の邦画スペクタクルと比しても完成度が高く、むしろ原作未読の方が新鮮で楽しめた位だ。
勝因は幾つか有るが、原作に忠実なストーリー展開や映像演出も然ることながら、完璧な配役陣と迫真の演技に尽きる。
先ずストーリーは第一巻~第五巻の王弟反乱篇と切りが良く、「血より志」は信と贏政が、「怨恨より未来」は山の民と楊端和が、それぞれ示して世界観を熱く魅せてくれる。
原作からの変更は、冒頭の信と漂の出会いから大望を抱くまでを丹念に描いた事と、秦国王都の咸陽王宮での右龍回廊と玉座の間での敵役が、ランカイから左慈の逆順になった程度。大きな割愛箇所も無く、テンポ良く2時間14分に纏めてあり、原作者の原泰久氏が脚本に加わってテイストを傷付けずに上手く改編している。CG映像やセット、衣裳面も良く出来ていて安っぽさや違和感がなく、邦画の進化を実感出来る。

配役は主演の山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈から、大物役の大沢たかお、長澤まさみ、高嶋政宏、中堅の満島真之介、(筋肉だけの)阿部進之介、悪役の本郷奏太、石橋蓮司の全てが抜群に嵌まっていた。
また昔から中国戦史モノにおける最大の難題は、大軍と英傑だ。今回は大部隊同士の衝突がない話なのでCGは一部で済むが、王騎将軍の登場は不可欠だった。ジョン・ウー監督の「レッドクリフ」では関羽や張飛が小柄で拍子抜けしたが、本作では音響効果と画面アングルの工夫、王騎が大沢たかお、騰が要潤の高身長コンビで上手く賄った。
特に驚いたのが大沢が役作りの為に15kgも増量した事で、その太い二の腕や表情の貫禄に表れ、独特のおネエ台詞の再現を含めて、まさに本物の役者魂に魅せられた。その点では楊端和の長澤まさみも負けてない。余計な台詞を省いた凛々しい演技と自由自在な剣術からはオーラすら感じた。これは佐藤信介監督と以前組んだ「アイアムアヒーロー」での対ゾンビ・アクションの経験が多分に生きている。
この二人は「世界の中心で愛をさけぶ」を大ヒットさせた東宝作品の顔で、二人が贅沢にも山崎ら若手達の引き立て役に回ったのが、後半を引き締めた勝因と言えるだろう。

この様に初作は大成功を収めたが、本番は次回作からだ。万を越える軍隊同士の会戦や攻城戦、龐煖や蒙武等の体躯隆々な大将軍、羌瘣の巫舞等をどう描くか、大勢のエキストラやワイヤーアクション、CG加工が多く必要となり恐らく制作費は跳ね上がるだろう。原作は果てしなく続くが、東宝の製作判断は二次コンテンツを含む収益次第なので、ファンの購買力と海賊版の抑制が鍵だ。本作はシリーズ化しないと勿体ない。役者さんも歳を取るので早期の続篇を、楽しみにしている皆さんと一緒に応援したくなる会心の傑作です。

引用元:Amazon

 

これまで「漫画キングダムは名作だ!」という声を幾度となく周囲から聞いていたのに、その既刊数の多さから「キングダム」を敬遠して生きて来ました。今ではそんな過去の自分をぶん殴ってやりたい程「キングダム」にハマってます。

そのキッカケとなったのが今回の「映画 キングダム」であり、とにかく本当にこの作品が素晴らしかった!

今回の映画『キングダム』では50巻越えの原作の1〜5巻までが舞台となっており、
・信と漂の出会いから成長
・二人の別れ
・ その後、弟の反乱によって王都咸陽を追い出された嬴政が、その玉座を信と共に取り戻すまでの物語となっています。

ストーリー部分は5巻分の重要な部分を全て詰め込みながらも、決して話は間延びしておらず、
映画全編を通して「退屈な場面」がありません!
なので原作を読んだことがない人でも全く飽きずに物語に没入出来ると思います。
それに物語の説得力を出すために必要な小物や衣装のクオリティが本当に高かったことも、今回の映画への高い没入感を生んでいると思います!
これから見る人は是非、作中の小物類や衣装のディテールにも注目して見てみて下さい!

また今作はキャストも素晴らしく、
主人公の信を演じる山崎賢人は、本当に血の通った信を見事に演じきっていましたし、
王騎役の大沢たかおは登場人物の誰とも違う「異質さ」と「圧倒的な存在感」を見事に醸し出していました。
そして特に素晴らしかったのが長澤まさみで、スクリーンを通してビシビシ伝わって来る楊端和の見た目の美しさもさることながら、
殺陣のシーンでの佇まいや動作の一つ一つがとにかく美しく、終始目を奪われっぱなしでした。

134分間の上映時間があっという間に感じる程面白かった本作品、
・漫画キングダムの大ファンだという人達にも、
・映画キングダムで初めて物語に触れるという僕の様なキングダム初心者の人達にも、
手放しでオススメ出来る作品です!

引用元:Amazon

 

原作は割と昔からある作品ですが、未読なのでそこの所は分からないですがとても面白かったです!
古い中国の時代を描いた作品なのは知っていたので舞台を勝手に三國志の時代だろうと思ってました笑
しかし実際はそれよりさらに古い紀元前245年頃の春秋戦国時代末期が舞台で、始皇帝誕生へ向けた話となっています。

とにかく凄かったです。
普段から私は女優ファンとかそういう感じで動いているので笑、基本的に邦画しか見ないのでこういったスケールの大きさに感動しました!

戦災孤児の幼い少年であるシンとヒョウは広大な平原で大群を引き連れ進む王騎将軍(大沢たかお)の圧倒的な存在を見て、
天下の大将軍になりたいという大きな希望を抱きます。
村長のリテン(六平直政)の元で奴隷として働き、その傍らで暇を見つけては二人で剣技を磨く毎日を何年も続ける中、
秦の将軍の一人、昌文君(高嶋政宏)がやって来て、ヒョウ(吉沢亮)を秦の王宮である咸陽宮に取り立てたいとやってきました。
ヒョウは喜び、シン(山﨑賢人)は寂しいながらも気持ちよく祝福し送り出しました。
しかし、それから暫く経ち、シンの元に傷だらけのヒョウが戻ってきます…。

その後は壮大な秦国内の話に移っていきます。
これは2回見ましたが本当に感動しました!
勿論この序盤の展開も見せ方もよく見事で最高なんですけど。

これまで作品においても本人的にも山﨑さんはどちらかと言えば陰の魅力があるなよなよした印象でしたが、
シンは気力に満ち、陽気で明るくだいぶ今までの山﨑さんの役とは異なっています。役者としての凄さも出てきたと思います。

吉沢さんも見事で、シンと共に成長してきたヒョウは明るく声も大きく気迫に満ちたキャラで、
逆に混乱と策略が蠢く王宮で育てられた王子の嬴政(エイセイ、エンセイにも聞こえる)は気持ちを押し殺し続け、
相手に悟られないよう過ごしてきたからなのか無表情で聡明なキャラと見事に演じ分けていました。
吉沢さんについては特にこの序盤で出てくるヒョウと嬴政が対峙しシンの事を話すシーンは心に響くものでした!

この他だと王騎将軍を演じた大沢たかおさんは助演男優賞ものでした!
作品のために体重を15キロも増やし、圧倒的存在感と大物感のある役を演じきりました。
パンフレットによれば持っている矛には何十キロもするものがあり、一人では持てないので先端をロープで吊るしながら振り回すシーンもあります。
嬴政の弟で独裁者となった成キョウ(虫へんに橋のつくり、本郷奏多)に謁見にきたシーンの得たいの知れない不気味さも見事でした!
この存在感が物語をより重くしてくれたと言っても過言ではないと思います。

そして、ヒロインのテンこと河了貂を演じた橋本環奈さんは可愛かった!
旅の中での癒しであり、マスコットとしての役割をしっかり演じてくれました!
梟の衣装は結構重そうでしたが、ユーモラスで可愛らしく他よりコミカルなアクションを頑張っていました。

中国から見れば西部にある秦よりさらに奥に位置する山の王、楊端和を演じた長澤まさみさんも美しかったです!
こちらはアクションもより多く、ヒロインというより秦の古くからの隣国の王として、野心と強さを感じさせる役でした。
滑舌的にも昔から長澤さんは柔らかいキャラで、喜怒哀楽で言えば怒以外が得意な女優さんでしたが、
30歳を越えて本当に女優としてのレベルが上がったのを感じます。嘘を愛する女、コンフィデンスマンJP、銀魂、マスカレードホテルと、
かつてはヒットが少なかった女優さんでしたが、本当にこの2年くらいで見違える存在になりましたね。

他のキャストも素晴らしかったです!
サジ役の坂口拓さんとかもこの作品で知りました!
どうあがいても返されてしまうようなパワフルかつテクニカルな素晴らしい剣術は是非ブルーレイで見てみたいです!

勿論やると言われている続編も楽しみです!
キングダムにおけるヒロインとも言われるキョウカイ役が誰になるかとか、そう言った所もチェックして待っていきたいですね!
後の始皇帝となる嬴政の築く秦、そして将軍への道を往くシン、そういった所の今後も映画で見たいですね!

引用元:Amazon

 

こういった歴史・アクション大作映画も、邦画でもここまで良い作品が出来る様になったんだなぁ、ととても嬉しくなりました。

私は原作を知らずにこの映画を見ましたが、これを見てからアニメを全て見てしまうくらい引き込まれました。
私は漫画は一切読まない為、原作は未だに読んでいませんが、アニメの評価を見ればどれだけ面白いかは想像に難くありません。
それけ面白い原作やアニメと比べても、この実写版は原作ファンにも評価される位に非常に良い出来の映画です。

まずは監督の力量があってこその、この素晴らしい完成度ですね。
主演の山崎さんは正直恋愛映画の演技力しかしりませんでしたが(笑)、役どころの野生児「信」に結構寄せており、なかなか良い演技とアクションが出来ていたと思います。
王様役の吉沢さんは、元々の気品と高貴さのある端正な顔立ちが役にはまっており、とても良かったです。

将軍役の大沢さんは流石の演技力で、難しい役どころのはずの王騎将軍の雰囲気を、なかなか良く出していました。
山の王の役である長澤さんは、美しい顔立ちの人が戦うシーンの「独特の美しさとカッコよさ」をそれなりに出せるようになりつつありますね。動きは勿論まだまだですが、頑張っている方だと思います。美人は何をしても似合うしカッコいい(笑)。
あれで海外の俳優さんのように本格的に体を鍛え、半年間位みっちり格闘技やアクションをやりこんだりすれば、美人アクション俳優として活躍できると思います(笑)。

長澤さんだけの話ではなく、日本人俳優でそこまで出来る・やる人はほぼ皆無ですが(笑)←こういった点も海外の、実力のある俳優さん達とは違いますね。

そういう意味では、敵役の坂口さんは流石の殺陣でした。動と静の混じったキレのあるカッコいい動き。坂口さんの素晴らしい殺陣で映画の質がかなり上がっています。格闘技、アクションを本当にやっている人はやはりレベルが違います。

何はともあれ、この映画は監督とスタッフさんの力量と熱意の高さが作品に現れていると思える、非常に良く出来た映画だと思います。
海外のアクション大作と比べると、もちろん俳優さんのアクションや演技力は見劣りしますが、邦画アクション系では5本指に入る面白さだと思います。
是非お勧めです。

引用元:Amazon

\ 2週間トライアルで無料視聴!/

キングダムを今すぐ無料で見る!Hulu公式ページでチェック

 

 

タイトルとURLをコピーしました