おっさんずラブ2018(ドラマ)動画を1話から最終話まで!無料フル視聴する方法

おっさんずラブ2018(ドラマ)動画を1話から最終話まで!無料フル視聴する方法

なんとかおっさんずラブ2018(ドラマ)の動画を無料で見れないか探してるんだけどいい方法はないのかなぁ?

 

動画配信サービスのU-NEXT使ってるけどオススメだよ!おっさんずラブ2018(ドラマ)も無料で見れるし、31日間の無料トライアル期間があるからもし気に入らなければ期間中に解約しちゃえばお金もかからないよ!

えっ?ホントに無料なの?じゃあ、早速チェックしてみるわ!

\無料で31日間お試しする/

おっさんずラブ2018(ドラマ)を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

この記事では、おっさんずラブ2018(ドラマ)の動画1話から最終話まで安心安全に無料で視聴する方法をご紹介していきます。

おっさんずラブ2018(ドラマ)が無料で視聴できる動画配信サービスは?

おっさんずラブ2018(ドラマ)の動画が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

動画配信サービス 配信状況
Hulu ×
ABEMAプレミアム ×
U-NEXT
dTV ×
Paravi ×
FODプレミアム ×

おっさんずラブ2018(ドラマ)が見られるのはU-NEXTのみで見放題配信されています。

 

U-NEXTに無料登録することで有料作品も見れるポイントが600円分もらえるし19万本以上が見放題とダントツに多いことや無料トライアル期間が31日間と長く、動画以外にも80誌以上の雑誌も読み放題から断然お得なんです。

無料トライアル期間内であれば、もちろんおっさんずラブ2018(ドラマ)を1話から全話無料で動画をイッキ見することができますよ!

 

無料トライアル期間が終わると自動的に有料コースに切り替わるので、注意してくださいね。

\無料でフル視聴する/

おっさんずラブ2018(ドラマ)を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新情報は各種動画配信サービスにてご確認ください。

U-NEXTのおすすめポイント

おっさんずラブ2018(ドラマ)のフル動画を無料で視聴するには1番U-NEXTがおすすめです!

U-NEXTのおすすめポイントをチェックしてみたよ!

  • 190,000本以上の動画が見放題!
  • 登録時に最新作のレンタルに使えるポイントが600円分もらえる!
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる!
  • 初回登録から31日間の無料トライアルがある!
  • 動画以外にも80誌以上の雑誌が読み放題
  • 最大4アカウント作れるから家族で分け合える!
  • ダウンロード機能があるからどこでも視聴可能!

U-NEXTの無料トライアル特典がコレ!

U-NEXTってスマホやテレビでも観れるのかな?

スマホはもちろんテレビやパソコンでも見ることができるわよ~

もっとU-NEXTのことが知りたいなぁ!

U-NEXT公式ページでチェック!

おっさんずラブ2018(ドラマ)の他にもたくさんの作品も見放題!

U-NEXT配信中の人気ドラマ

  • コウノドリ(2017)
  • GTO
  • きのう何食べた?
  • 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~
  • 民王
  • ゆうべはお楽しみでしたね
  • 架空OL日記

U-NEXT配信中のバラエティー番組

  • 千原ジュニアのヘベレケ
  • ブラタモリ(ポイント)
  • 超ムーの世界 R
  • TOKYO BB
  • よしもと新喜劇
  • ザキとロバ

U-NEXT配信中の韓流ドラマ・映画

  • キム秘書はいったい、なぜ?
  • 太陽の末裔 Love Under The Sun
  • 僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~
  • サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~
  • 相続者たち
  • 星から来たあなた
  • 力の強い女 ト・ボンスン

U-NEXT公式ページでチェック!

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

おっさんずラブ2018(ドラマ)の見どころ

ピュアな男たちに笑って泣いて、ときめいて… 既成概念を飛び越えて応援したくなる!吉田鋼太郎演じるヒロイン・おっさん上司のピュアすぎる乙女心にも注目。

引用元:U-NEXT公式ページ

 

おっさんずラブ2018(ドラマ)のストーリー

結婚したいのに全くモテない独身男・春田。ある日通勤途中に痴漢と間違われたところを、尊敬する敏腕上司・黒澤に助けられる。

だがホッとしたのも束の間、春田は黒澤の携帯画面に自分のキメ顔写真が設定されているのを見てしまう。

動揺する春田だったが…。

引用元:U-NEXT公式ページ

おっさんずラブ2018(ドラマ)の出演者(キャスト)

出演

田中圭    (春田創一)

林遣都    (牧凌太)

内田理央   (荒井ちず)

金子大地   (栗林歌麻呂)

伊藤修子   (瀬川舞香)

眞島秀和   (武川政宗)

大塚寧々   (黒澤蝶子)

吉田鋼太郎  (黒澤武蔵)

児嶋一哉   (荒井鉄平)

真木恵未

 

音楽

河野伸

 

脚本

徳尾浩司

おっさんずラブ2018(ドラマ)のクチコミや感想は?

 

おっさんずラブ2018(ドラマ)のクチコミや感想をチェックしてみたよ!

今までも面白いドラマってもちろんあったけれど、
終わった後も何回も見返してしまうドラマなんて初めてです。

演じようによってはどんな人物にもなってしまう春田を「そりゃ好きになっちゃうよ」と、見ている人を納得させる人物に演じきられた田中圭さん。

林遣都さんは、上手な俳優さんだなとは思っていたけれど、役によって別人のような出で立ちで画面に現れ、こんなにちょっとした表情一つで見ている人の心を鷲掴みにしてくる力を持っておられるとは…。

そしてその二人を絶妙な面白さで引っ張ってこられた吉田鋼太郎さん。
これまた役によって全く別の顔で現れる眞島秀和さん。
「そのおもしろスパイスがないと物足りない」と思わせるマイマイ。
演者さんみんな素晴らしかった。

でもそれだけじゃなくて、キャラクターを「その人」として作り上げられたヘアメイクさん、衣装さん、
おしゃれすぎない庶民的な雰囲気の春田家やわんだほーを作ることで、見る人を現実世界に引き込んだ美術さん。
小ネタを仕込んでこられた小道具さん。
勢いのあるシーンは瞬きを忘れるくらいに、牧のあの繊細な目の動きは美しく、と、映像に収められたカメラさん、そして照明さん、編集さん。etc…。

プロデューサーさんや脚本家さんが素晴らしいのはもちろんのことですが、周りのスタッフさんたちも、誠心誠意あの作品を創ってこられたんだろうなというのが伝わってきて、プロだなぁと、いろんなところで感動を覚えました。

特典映像楽しみです。
秋は寂しくて嫌いでしたが、今年の秋は待ち遠しいです!

引用元:Amazon

 

元々林遣都のファンで、彼目的でなんとなく録画したものを見始めたのがきっかけですが、こんなに1つの作品として優れているとは思わなかったため、尚更衝撃を受けました。
「これは掘り出し物だ」と思ったら、その後予想を遥かに上回る社会現象並みの大ヒットとなったのは意外でした。

林遣都はティーン向け雑誌「ラブベリー」でのモデルを経て、映画「バッテリー」の主演で鮮烈な俳優デビューを飾って以降、スポーツ映画や青春ドラマなどで「爽やか健康的俳優」の代名詞的存在でした。
抜群のキラキラしたルックスに、天性の演技力の才能を持ち、仕事は途切れませんでしたが、20代に入ると彼は「自分の代わりなんて沢山いる。」と焦ります。
元々スカウトで芸能界に入った彼は、あれよあれよと映画にドラマの仕事が舞い込み、「俳優としてのプライド、仕事への欲求」といった執着は強くなかったそうで、受け身の姿勢で待っていたそうです。
確かに若い頃はそれで良いかもしれませんが、大人になるにつれて「本物」が求められるようになると、彼は「今のままではだめだ」と感じたり、同世代の俳優の演技を見て悔しくなったりと、大きな挫折を感じたそうです。
そこから彼は様々な映画やドラマや舞台を片っ端から鑑賞し、今では業界から高い評価を受けている徹底した役作りを身につけ、「役者として生きていく」「良い作品を作る」という強い意志を持つようになります。
役を与えられる度にその役がどのような人物か、どんな人生を生きてきたかを徹底的に自己分析し、監督と議論を重ね、時には他業界に足を運んで現場の話を聞くなど、妥協のない役作りが、彼の演技に深みを与える事になります。
「この役は林遣都にしかできない」「彼だからこの役を依頼したい」と求められる、唯一無二の俳優になりたい。
そこに到達するまで、貪欲に自分を掘り下げるようになりました。
そこから林遣都は10代の頃の「キラキラ爽やか俳優」の看板を捨て、「どんな役でも受けて立てる実力派カメレオン俳優」へと変貌します。
ドラマ「火花」「精霊の守り人」「その男、意識高い系」「ON異常犯罪捜査官」「玉川区役所」映画「ハイアンドロー」「しゃぼん玉」「にがくてあまい」「チェリーボーイズ」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 舞台「子供の事情」など、ぶっ飛んだ役、コミカルな役、狂気をはらんだ役、痛々しい三枚目役などを体当たりで演じれる役者に成長しました。
そしてこれまでの道のりと努力の結晶が最大に昇華されたのがこの「おっさんずラブ」です。
林遣都史上最高のはまり役。彼以外に演じる事はできない。だって牧凌太を世界で一番研究し、一番愛し、その人生を生きれるのは林遣都しかいないからです。
このドラマで彼の演技力や魅力に気付いた方はかなり多いらしく、すっかり注目の的となり、昔から見てきた1ファンとしては「突然遠くに行ってしまった」感覚で寂しさも感じますが、彼の努力が実ってようやく1人の俳優としてその名を不動にしたのは大変嬉しく思います。

そして、主人公の春田創一を演じた田中圭は、かつてドラマでも映画でも「上から3番目か4番目位にいつも名前がある」イメージを持たれる名脇役でしたが、彼自身にとっても恐らく史上最高の当たり役だったのではないでしょうか。
「おっさんずラブ」はアジアを中心に海外でも人気を博し、田中圭への称賛も高まっていると知り、一気に「日本を代表する俳優」の地位に上り詰めたのがとても感慨深いです。

吉田鋼太郎さん、大塚寧々さん、眞島秀和さんなどの安定感と、「逃げ恥」「仮面ライダードライブ」「海月姫」本作と、ヒット作によく当たる印象の内田理央のナチュラルな演技もとてもハマっています。

ですが田中圭、林遣都というこれまで紆余曲折を経ながらも実直に俳優業をこなしてきた2人が、ついに国民的なスポットライトを浴びたのがとても嬉しいです。

2人をキャスティングした人にも、この難しい役を引き受けてくれた2人にも感謝したいです。

引用元:Amazon

 

元々田中圭さんのビジュアルが好みで、田中圭さん目当てで見始めました。
ドラマは娯楽、目の保養、生活の潤い、そんな程度の認識でおりましたが、
これは、「作品」と呼ぶにふさわしいドラマです。
まずは、7話でよく収まった、と思えるストーリー展開。
もちろん「もっと見たい」という気持ちもありましたが、
7話の中で主人公はじめとする登場人物の心情の変化や成長が巧みに描かれています。
そして、それを実現させたのが、素晴らしいキャストたち。
よくもまあこれだけの芸達者たちを集めてきたもんだ、と心底感心しました。
特に林遣都さんの演技は、
「彼の演技力が高すぎて、皆が彼の演じる役に感情移入しすぎてしまった」
ことが誤算だったと言わしめるほど。
田中圭さんにおいても、これまではエリートイケメンキャラを演じることが多かった中で、
初と言っていいほどのおバカキャラ。
ただし、元々のビジュアルもイケメンではあるものの可愛らしさを含み、
演技力については名脇役として地味に引っ張りだこであっただけあり、
下手をすると”実にクズ”な主人公を大変な愛されキャラへと昇華させました。
そして、このドラマの最大の魅力は、
そんな映像の一秒一秒から伝わってくる、作り手たちの「思い」。
現場の集中力の高さが映像から伝わってくるほど、どのシーンを切り取っても無駄がない。
ストーリー(脚本)、キャスト、演出、全てが10点満点だからこそ実現した
「非の打ち所がない作品」だと思いました。

最後に、
LGBTについてまだまだ理解が浅い日本。
この作品をきっかけに、
新元号生まれの子供たちが大人になる頃には、
公共の場でも、同性同士の家族が何の偏見も持たれず過ごせるような、
そんな世の中になれば良いなと思いました。

引用元:Amazon

 

おっさんずラブはフィクションやファンタジーを踏襲したエンターテイメントです。
今作の人気が爆発したのは、脚本、演出、キャスト、細やかな演技、音楽、効果、
ちょっとした遊び心といった仕掛けががっちり嵌ったからに他なりません。
それぞれのキャラの立ち位置のバランスが絶妙で、最終話の最後の最後まで計算し尽くされたセンスが光ります。

マスコミは大雑把にLGBTの括りでひとまとめにしておっさんずラブを筆頭にしたがりますが、決してそうではありません。
登場人物はゲイであることを悩んでいるわけではなく、好きな人や大切な人にどう向き合うかで悩んでいます。
ゲイが壁や障害として描かれてはいません。テーマは至ってシンプルです。

誰かを好きになっても自分の思い通りにならなかったり、理屈ではわかっていても諦め切れなかったり、
誰かのために諦めるしかなかったり、誰でも心の葛藤や傷み、胸の奥底に澱みを抱えて生きていると思います。
そこに共感する部分が大きかった。

耽美といった文学的な映画やドラマの踏襲ではなく、女装や女性的な仕草もありません。
どこにでもいるリーマンが真剣に恋する話だから、感情移入がし易く自分のことのように感動したのです。
今までの同性愛にありがちな閉塞的で背徳感の強かったこのジャンルの流れを大きく変えた功績も大きいです。

男同士の恋愛物ではありますが、公式が『おっさんずラブは少女漫画をベースにした王道の恋愛物であり、
いわゆるBLの萌えを狙ったものではない』と公言しています。実際、その通りだと思います。
BLモノを狙おうとすると、狙いが透けて見えて目の肥えている腐女子には見向きもされません。
だからこそおっさんずラブは多くの一般の方の支持を受けました。

いわゆるBL作品では女性が不在、あるいは虐げられた存在として扱われることが多いです。
最近のBLは女性が一切出ないことが多いですが、そもそも女性が出て来ない、
空気の存在だということが虐げられているということです。
虐げているとは別に具体的に酷いことをされているという意味だけではありません。

おっさんずラブのヒットの要因のひとつに、登場するキャラがみな愛すべき存在であるということはもちろんですが、
中でも女性が魅力的でとびっきり素敵に描かれていることにあると思います。これはかなり大きな作用です。
BL作品の中でもちずと春田と牧のように不思議な良い関係のものもあります。
ですがもともと女性が自身を投影している作品群なので、見たくないものを一切出さない作家も多いです。
もっとディープなものは、自分自身、あるいは自身の傷の象徴に深く切り込む形で、
執拗に女性を虐げる描写をする作家もいます。そこに救いを求めるか求めないかは、
作風によって変わって来ます。たとえ歪んだ形であっても、虐げることで救われる存在があることも確かです。

おっさんずラブがBL作品ではない決定的な点は、女性が愛すべき存在として描かれているところにもあります。
それは脚本家が男性だということも大きな要素かもしれません。
もしちずが単なる当て馬役で、牧から春田を奪うだけの存在であったなら、蝶子さんがヒステリックな妻の役で、
部長と春田の恋の障害として立ちはだかるだけの存在であったなら、マイマイが口うるさいだけのおばさんであったなら、
おっさんずラブはここまでのヒット作にならなかったと思います。
おっさんずラブの世界は突っ込み所が満載で、リアリティに欠けている部分が多くあります。
それをコメディタッチで描くことで、リアリティのない部分は些細なことだと思わせてしまう。
とびっきり楽しくて、とびっきり奇想天外で、とびっきりハートフルなエンターテーメント作品です。

だからちずが嫌な女になることはなかったし、蝶子さんがヒステリックな女になることもなかったし、
マイマイが春田と牧のことに偏見を持たず、あはははははは!と豪快に笑い飛ばしてくれる存在になり得たのです。
たとえそれがリアリティに欠けていたとしても、それも些細なことだと思わせてしまう。
それくらい女性キャラが魅力的に描かれています。

それぞれがそれぞれに『好きな人を応援したい』『好きな人には幸せなってもらいたい』
そうひたむきに想う姿にこちらもまた、ちずにも、蝶子さんにも、マイマイにも、本当に幸せになって欲しい、
そう思わせる作品でした。
女性が自身を大切に思えるということは、至極当たり前なことのようですが、とても大切で幸せなことです。

田中さんも言っていましたが、『おっさんずラブ』のキャラたちはみんな単なるモブで終わっていないんですよね。
それぞれにいろんな想いを抱いている。
部長は春田と蝶子さんに、牧は春田と武川さんに、武川さんは牧に、マロは蝶子さんに、ちずは春田に、
蝶子さんは部長とマロに、鉄平兄はちずとマイマイに、マイマイは鉄平兄に。そして春田は部長と牧とちずに。
その『想い』をきちんと拾い上げてくれて、きちんと昇華させてくれて、
だからそれぞれのキャラがみんな素敵でかけがえのない存在になっている。

個人的に海岸でちずが春田に告白しかけてタイミングを逃してしまうシーンが凄く好きなんですが、
田中さんの言う通り“ちず役”の内田さんがとても素敵で、BLではそもそも女性の影すらないんですけど、
単なる当て馬として切り捨てられる存在ではなく、ちゃんとちずを愛してくれているのがわかってとても好感を持ちました。

だから春田が思わずちずを抱きしめたのもわかるし、そこはそこで納得してるんです。
牧を見るのが辛くてあまり見られないシーンではあるのですが、ちずの存在があって本当に良かったと思っています。
同じように蝶子さんやマイマイの存在も救いでした。
おっさんずラブはもちろん女性からの支持が多かったと思うのですが、脇キャラである女性まで惚れさせるなんて最強です。

おっさんずラブのドラマの世界では一切の壁はなく、みなが温かくてやさしいです。
それは現実の世界ではありえない理想郷であり、夢物語です。
だからこそ、この世界に心酔し、溺れ、抜け出せない人たちが続出したのです。
それぞれが置かれた違う立場を越えて。

引用元:Amazon

\ 31日間トライアルで無料視聴!/

おっさんずラブ2018(ドラマ)を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

 

 

タイトルとURLをコピーしました