64(ロクヨン)前編(映画)の動画は無料で観れない?フル視聴する方法!

64(ロクヨン)前編(映画)の動画は無料で観れない?フル視聴する方法!

なんとか64(ロクヨン)前編の動画を無料で見れないか探してるんだけどいい方法はないのかなぁ?

 

動画配信サービスのU-NEXT使ってるけどオススメだよ!64(ロクヨン)前編も無料で見れるし、31日間の無料トライアル期間があるからもし気に入らなければ期間中に解約しちゃえばお金もかからないよ!

えっ?ホントに無料なの?じゃあ、早速チェックしてみるわ!

\無料で31日間お試しする/

64(ロクヨン)前編を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

この記事では、64(ロクヨン)前編を安心安全に無料で視聴する方法をご紹介していきます。

64(ロクヨン)前編が無料で視聴できる動画配信サービスは?

64(ロクヨン)前編の動画が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

動画配信サービス 配信状況
Hulu ×
ABEMAプレミアム ×
U-NEXT
dTV ○(レンタル)
Paravi ×
FODプレミアム ×

64(ロクヨン)前編が見られるのはU-NEXTのみで見放題配信されています。

その中でも一番おすすめなのがU-NEXTです。

 

U-NEXTに無料登録することで有料作品も見れるポイントが600円分もらえるし19万本以上が見放題とダントツに多いことや無料トライアル期間が31日間と長く、動画以外にも80誌以上の雑誌も読み放題から断然お得なんです。

無料トライアル期間内であれば、もちろん64(ロクヨン)前編の動画を無料でイッキ見することができますよ!

 

無料トライアル期間が終わると自動的に有料コースに切り替わるので、注意してくださいね。

 

\無料でフル視聴する/

64(ロクヨン)前編を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新情報は各動画配信サービスにてご確認ください。

U-NEXTのおすすめポイント

64(ロクヨン)前編のフル動画を無料で視聴するには1番U-NEXTがおすすめです!

U-NEXTのおすすめポイントをチェックしてみたよ!

  • 190,000本以上の動画が見放題!
  • 登録時に最新作のレンタルに使えるポイントが600円分もらえる!
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる!
  • 初回登録から31日間の無料トライアルがある!
  • 動画以外にも80誌以上の雑誌が読み放題
  • 最大4アカウント作れるから家族で分け合える!
  • ダウンロード機能があるからどこでも視聴可能!

U-NEXTの無料トライアル特典がコレ!

U-NEXTってスマホやテレビでも観れるのかな?

スマホはもちろんテレビやパソコンでも見ることができるわよ~

もっとU-NEXTのことが知りたいなぁ!

U-NEXT公式ページでチェック!

64(ロクヨン)前編の他にもたくさんの作品も見放題!

U-NEXT配信中の人気ドラマ

  • コウノドリ(2017)
  • GTO
  • きのう何食べた?
  • 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~
  • 民王
  • ゆうべはお楽しみでしたね
  • 架空OL日記

U-NEXT配信中のバラエティー番組

  • 千原ジュニアのヘベレケ
  • ブラタモリ(ポイント)
  • 超ムーの世界 R
  • TOKYO BB
  • よしもと新喜劇
  • ザキとロバ

U-NEXT配信中の韓流ドラマ・映画

  • キム秘書はいったい、なぜ?
  • 太陽の末裔 Love Under The Sun
  • 僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~
  • サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~
  • 相続者たち
  • 星から来たあなた
  • 力の強い女 ト・ボンスン

U-NEXT公式ページでチェック!

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

64(ロクヨン)前編の見どころ

昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件“ロクヨン”と、新たに起きた誘拐事件の真相を描いたミステリー。主演を務める佐藤浩市のほか、オールスターキャストが集結!

引用元:U-NEXT公式ページ

64(ロクヨン)前編のストーリー

昭和64年の1月、小学生女児が何者かに誘拐され、殺害される事件が発生。警察の捜査も虚しく事件は未解決のままとなり、当時、捜査に当たっていた刑事の三上は警務部広報室に異動になっていた。そんな矢先、事件を模倣したかのような誘拐事件が起きる。

引用元:U-NEXT公式ページ

64(ロクヨン)前編の出演者(キャスト)

出演

(三上義信) 佐藤浩市

(諏訪) 綾野剛

(美雲) 榮倉奈々

(三上美那子) 夏川結衣

(日吉浩一郎) 窪田正孝

(蔵前) 金井勇太

(柿沼) 筒井道隆

(村串みずき) 鶴田真由

(望月) 赤井英和

(漆原) 菅田俊

 

監督

瀬々敬久

 

原作

横山秀夫

 

音楽

村松崇継

 

脚本

瀬々敬久

久松真一

64(ロクヨン)前編のクチコミや感想は?

 

64(ロクヨン)前編のクチコミや感想をチェックしてみたよ!

物語としては複雑に人間関係が絡み合っていますが、我々も現実には同じような社会ではないでしょうか。
それぞれでそれぞれの関係性や問題点があり、腹の立つ相手がいれば、心配な人もいて、たまに会う人もいれば、忘れていた人もいる。
この作品では、そういった現実味のある人間関係を丁寧に描いていますので、主人公の気持ちや苦悩がとても強く感じられます。

『後編』で物語は一気に展開し加速するのではないか、と思わせるシーンがこの『前編』のラストシーンにあります。
私はまだ『後編』を観ていませんので、楽しみです。

引用元:Amazon

 

そのヒントがどこにあるかを見つけるため、画面から片時も目を離すことなく、ほぼ2時間の前編を一気に見ました。
前編ではこれといった進展は出てきません。おそらく後でからんでくるのでしょうが、主人公の広報官三上の娘の失踪、県警内部での対立、警察とマスコミの攻防戦が目につきます。

県警の警務部と刑事部の対立は、過去の小説や映画でもよく取り上げられています。警察とマスコミの対立は、少々やりすぎのように見えました。地元新聞の代表記者の振る舞いはやくざ顔負けです。「昭和30年代の記者クラブみたいだ」と言った元新聞記者の感想を見ましたから、100%嘘とは言えないのでしょう。

観客の受けを狙って、自己保身しか興味のないキャリアを徹底的に悪く描くのはどの警察物でも同じですが、広報室だけが「善」というのも少々やりすぎです。特に64の被害者宅への警察庁長官の来訪依頼を、広報官ひとりに押し付けるのはありえないでしょう。もっとも、ここが伏線になっているのですが。

この映画で注意すべきなのは、前編を見終わっても不用意にネット情報を調べてはいけないということです。ものによっては、後編のネタバレもあります。真犯人が早い段階でわかると、後編を見る楽しみがなくなります。

引用元:Amazon

 

軽くですが、ネタバレなのでよろしく。
まず、ネーミングから横山さんぽくて好きだな。
物語が天皇陛下崩御から始まるので、政治的な物か(特に左よりの)と最初ちょっと心配しましたが杞憂でした。
一つの誘拐殺人事件を起点に、焦点はマスコミ報道と警察内部に当てられ、どれもなかなかに深い。
広報官が主役という切り口も面白く、前半はその身分や業務に切り込んで行きましたが、後半どう活かせるのか。
ただその~~。当然広報官の対となるのはマスコミで、そのマスコミの強欲とモラル無視っぷりが完全にバレてる現代、「マスコミの良心を信じる」と言われても、ちょいと苦笑を買ってしまうのが珠に瑕かも。
そこらは映画を楽しむための補正を各自装備して参りましょう。

演技と言い、物語のリアリティと言い、滅茶苦茶見応え有ります。見て損はしない。
前半は64事件と今の関係者の状況の整理、及び前フリに徹したので、後は、どう風呂敷をたたむのか後半。
現在、後半未見なので、この勢いのまま後半になだれ込みます。

引用元:Amazon

 

NHKドラマを未見での評価だが、なかなか歯応えのある力作だと思う。佐藤浩市をはじめとするオールスターを適材適所な配した穴の無いキャスティングと、警察機構の組織体質からの息苦しさ、警察とマスメディアとのプロ同士の緊張関係、事件が残す加害者・被害者そして警察官それぞれの人生への爪痕など、複数テーマを重曹的に扱った意欲的な脚本を見事に実現していた。
萩原健一主演、小柳ルミ子助演の1989年「誘拐報道」以来のこの誘拐&報道mix作品は、職業人の尊厳や組織の内包リスクをも扱い、現代日本社会の深淵を巧みに描いた秀作だと思う。
だからこそ佐藤浩市演じる県警警務部の三上広報官のスタンドプレイ色を強めにした狙いは良く判る。組織には、安全圏に居たり、誰かの協力を待っていては永遠に変えられないレガシーや得体の知れない力が存在することは厳然とした事実だ。それは決して集団クーデターを許さないからだ。一人の蛮勇だけがそれを可能にするが、決して三上一人では流れを変えられない。三浦友和の参事官捜査一課長、綾野剛等の広報課メンバー、瑛太等の県警付き報道クラブ面々、仲村トオルのキャリア警務課長、そして永瀬正敏の被害者遺族のそれぞれに対して、組織人から離れた三上と言う人間の剥き出しの行動が揺らぎを産み出していく。
何の為に働くのか、誰の為に生きるのか、切欠を作る三上を囲む様々な立場の人間達の苦悩と再生を余すところなく掘り下げたシナリオに震えた。
音楽や効果音はかなりドラマティックで、64年当時と現在を使い分けた画調、時代背景や生活感をリアルに切り取ったセットや小道具も含めた演出はかなり秀逸だ。個人も群像も演技は迫力に満ち、シリアスな台詞回しは近年にないハイレベルな出来。カメラも人物の寄りや多彩な画角でメリハリが効いていて全く飽きない。TVドラマでは予算的にどうしても届かない、映画だけが実現出来る格調と深みが感じられた。
本作は観る人の性別や年齢層で視点や受け取り方が異なってくる典型的な作品だが、特に熱演の佐藤浩市と同じ、家族のある中間管理職にはひときわズシンと響くだろう。
前後編を併せると少々お高めだが、プロの役者達がまさに人間を演じた名演は人生観を刺激するだけの力があり、更に組織人としての職業倫理を改めて足下から直視させる深淵で骨太な傑作だ。恐らく確実に何度か観ることになる事を考慮すれば、高い買い物ではないと思う。

引用元:Amazon

\ 31日間トライアルで無料視聴!/

64(ロクヨン)前編を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

 

 

タイトルとURLをコピーしました