サイドカーに犬(映画)の動画は無料で観れない?フル視聴する方法!

サイドカーに犬(映画)の動画は無料で観れない?フル視聴する方法!

なんとかサイドカーに犬の動画を無料で見れないか探してるんだけどいい方法はないのかなぁ?

 

動画配信サービスのU-NEXT使ってるけどオススメだよ!サイドカーに犬も無料で見れるし、31日間の無料トライアル期間があるからもし気に入らなければ期間中に解約しちゃえばお金もかからないよ!

えっ?ホントに無料なの?じゃあ、早速チェックしてみるわ!

\無料で31日間お試しする/

サイドカーに犬を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

この記事では、サイドカーに犬を安心安全に無料で視聴する方法をご紹介していきます。

サイドカーに犬が無料で視聴できる動画配信サービスは?

サイドカーに犬の動画が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

動画配信サービス 配信状況
Hulu ×
ABEMAプレミアム ×
U-NEXT ◎(見放題配信)
dTV ×
Paravi ×
FODプレミアム ×

サイドカーに犬が見られるのはU-NEXTのみで見放題配信されています。

 

U-NEXTに無料登録することで有料作品も見れるポイントが600円分もらえるし19万本以上が見放題とダントツに多いことや無料トライアル期間が31日間と長く、動画以外にも80誌以上の雑誌も読み放題から断然お得なんです。

無料トライアル期間内であれば、もちろんサイドカーに犬の動画を無料で動画をイッキ見することができますよ!

 

無料トライアル期間が終わると自動的に有料コースに切り替わるので、注意してくださいね。

 

\無料でフル視聴する/

サイドカーに犬を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新情報は各動画配信サービスにてご確認ください。

U-NEXTのおすすめポイント

サイドカーに犬のフル動画を無料で視聴するには1番U-NEXTがおすすめです!

U-NEXTのおすすめポイントをチェックしてみたよ!

  • 190,000本以上の動画が見放題!
  • 登録時に最新作のレンタルに使えるポイントが600円分もらえる!
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる!
  • 初回登録から31日間の無料トライアルがある!
  • 動画以外にも80誌以上の雑誌が読み放題
  • 最大4アカウント作れるから家族で分け合える!
  • ダウンロード機能があるからどこでも視聴可能!

U-NEXTの無料トライアル特典がコレ!

U-NEXTってスマホやテレビでも観れるのかな?

スマホはもちろんテレビやパソコンでも見ることができるわよ~

もっとU-NEXTのことが知りたいなぁ!

U-NEXT公式ページでチェック!

サイドカーに犬の他にもたくさんの作品も見放題!

FODプレミアム配信中の人気ドラマ

  • コンフィデンスマンJP
  • SUITS/スーツ
  • SUITS/スーツ2
  • ミラー・ツインズ Season2
  • まだ結婚できない男
  • 監察医 朝顔
  • 探偵・由利麟太郎

FODプレミアム配信中のバラエティー番組

  • 全力!脱力タイムズ
  • 発見!タカトシランド
  • 志村友達
  • 千鳥のクセがスゴいネタGP
  • 有吉ベース
  • 突然ですが占ってもいいですか?

FODプレミアム配信中の人気オリジナルドラマ

  • 東京ラブストーリー
  • 運命から始まる恋 -You are my Destiny-
  • パパ活
  • いとしのニーナ
  • グッドモーニング・コール our campus days
  • 花にけだもの
  • シックスティーン症候群

FODプレミアム配信中の韓流ドラマ

  • 流星雨
  • ネコ・バーテンダー
  • アバウトユース~君との距離~
  • 空から降る一億の星
  • 逃亡者 PLAN B
  • 軍師リュ・ソンリョン~懲ビ録<ジンビロク>~

 

*2020年7月現在の情報です。最新情報はFODプレミアムの公式サイトよりご確認ください。

FODプレミアム公式ページでチェック

サイドカーに犬の見どころ

芥川賞作家・長嶋有のデビュー作を、「雪に願うこと」の根岸吉太郎が映画化。ハンサムな女性・ヨーコを竹内結子が好演。共演に「ハリヨの夏」の松本花奈、古田新太ほか。

引用元:U-NEXT公式作品ページ

サイドカーに犬のストーリー

不動産会社で働く薫は、弟の結婚話をきっかけに、20年前に父の愛人・ヨーコさんと過ごした夏を思い出す。小4の夏、父とけんかをして母が出て行き、数日後にヨーコさんは現れた。豪快でおおらかな彼女との生活は、生真面目な薫にとって驚きばかりだった。

引用元:U-NEXT公式作品ページ

サイドカーに犬の出演者(キャスト)

出演

(ヨーコ) 竹内結子

(近藤誠) 古田新太

(近藤薫(20年前))

松本花奈 (近藤透(20年前))

谷山毅 (近藤薫(現在))

ミムラ

近藤良子

鈴木砂羽 (浜口)

トミーズ雅  (渡辺寿男)

山本浩司 (釣堀の主人)

寺田農 (部屋の下見をする客) 松永京子

 

監督

根岸吉太郎

 

原作

長嶋有

 

音楽

大熊ワタル

 

脚本

田中晶子

真辺克彦

製作 若杉正明

細野義朗 柳田和久

 

サイドカーに犬のクチコミや感想は?

 

サイドカーに犬のクチコミや感想をチェックしてみたよ!

竹内結子が大胆でいて繊細なヨーコを見事に演じ、綺麗でカッコイイという評をずいぶん目にしました。ヨーコという女性がカッコイイのであって役に恵まれたという側面もあるように思いますが、役者としての成長は感じました。特に、愛人である薫の父親から縁切の話のあと、ふと見せる涙のシーンは、とってもよかったです。

それよりなにより、小4の薫役の松本花奈が素晴らしい!! 彼女の演技、特に視線が素晴らしかった。20年後の30歳になった薫の回想という設定で、この小4の薫の視点で物語が語られるわけですから、もう映画の出来が保障されたようなもんです。
買い物シーンのヨーコの大雑把っぷりの小気味よさ。大好きなお菓子ムギチョコを買うところで、2種類の袋を差し出されてどっち買う? と促されても、もごもごしてしまう薫をよそにヨーコはポイポイと袋を籠に放り込んでしまう。それを見ている薫のびっくりした表情が本当に素晴らしい。

また、カレー皿にチョコを盛って「ほれ、エサだ」と弟に渡すヨーコを不思議な目で見つめる複雑な表情とか。母親はこういうことはしない...ということを前提とすれば、これは、子供にとっては夢のようなことなんだよね。

『自転車に乗れると人生変わるよ、大げさじゃなくて本当だから』『嫌いなものを好きになるより、好きなものを嫌いになるほうが難しい』とヨーコのさりげないセリフが心にしみます。こういう何でもないような、でも後から振り返ると人生の大きなポイントになっているような、そんな話っていいよね。

ほんの20年前の話なのに、こんなに懐かしい風景があったっけ。コーラ(プルタブ式250ml缶)、パックマン、ガンプラ...。車もスカイラインとかスバルとか...。最近多い高度成長期を舞台にしたノスタルジー物と違って、ほんのちょっと前80年台が舞台ってのは新鮮でした。そして、もっともっと昔、初めて自転車に乗れた時の、あの『ふわっ』とした感じを思い出しました。

引用元:Amazon

 

一時代を築いた根岸監督と、竹内結子、ミムラなど21世紀日本映画新時代を代表する女優との顔合わせは、昭和ノスタルジー溢れた作品となった。さすが根岸作品だけあり、端役も豪華で、みな主役が張れる名優ばかり。これでバランスの悪い作品ができるわけがない。脚本は何ということはなく、TVドラマでもよい題材だが、これを名だたる俳優たちが演じるとグイグイ引き込まれてしまう。中でも小学校3年生の女優・松本花奈演じる薫の凛とした雰囲気は大したものだ。ある意味では薫が主人公なわけで、ここがよくないと総崩れになってしまう。冒頭、30歳になるミムラ演じる薫が登場することでも、その重要度がわかる。竹内結子もメイキングで言っていたが、ヨーコのイメージはあくまで薫の目から見たヨーコ像であり、ヨーコ主演の目線であれば、謎めいた部分が丸裸になってしまう。そうではなくて、薫が成長していくプロセスの中で、ヨーコという存在の大きさを描いたことが成功の要因だろう。それにしても、樹木希林は本当にあっさりと画面をさらう。見事な演技であった。YUIのテーマソングは昭和映画にはちょっとそぐわない気もしたが、根岸作品にYUIというのもエポックメイキングである。昭和世代の人には観て損はない一本。

引用元:Amazon

 

根岸吉太郎監督による2007年の作品。原作は芥川賞受賞作家・長嶋有のデビュー作品。主演は竹内結子さん。共演はミムラ、古田新太、鈴木砂羽など。

実の母親が家を出て行ったと入れ替わりに家に入り込んできた若い女性ヨーコさん(竹内)と少女とのやり取りが鮮やかに描かれています。ヨーコさんはドロップハンドルの自転車に乗って、ソバージュ髪にくわえタバコ、何につけても大雑把な性格で、母親とはまるで正反対。しかし、豪快なようでいてふと見せる寂しげな表情や涙が何とも言えずフェミニンな魅力を振りまいています。ある日、家を出ることに密かに決めたヨーコさんは少女を夏の思い出づくりの旅へと誘います。はじめは打ち解けなかった2人は、次第に心を通わせるようになり…。

父親の愛人であり、感情豊かな女性という難しい役どころを竹内結子さんが好演しています。また内気な少女役の松本花奈さんも細やかな心情変化を見事に演じています。大人にとっては何とも思わない行動、言動でも、少年少女にとっては大きなイベントだったりします。打ち解けあった2人が自転車を二人乗りするシーンは一幅の名画のようです。夏の旅を終えて、2人の別離のシーンは悲しくて儚げです。

成人して社会人になった20年後の少女(ミムラ)が、かつてヨーコさんが住んでいたアパート近くで佇んだり、ドロップハンドルの自転車に乗った女性を見かけるとついつい目で追ってしまう…。誰しもその時々で忘れられない人物や出来事があります。大人になってもついフラッシュバックのように記憶の奥底から浮かんできては消えたりします。気になる人や思い出の土地を、衝動的に訪ねてみたくなるときがあります。誰にもがもっているそんな郷愁ともいえる感情が見事に描かれた作品です。

引用元:Amazon

 

とにかく、竹内結子のヨーコさんがすばらしい! 煙草スパスパ、性格サバサバ、気が強くて大らか。大口開けて笑ったかと思えば、シンミリ涙を見せたりする。自由な精神に溢れてるようだけど、実はとっても繊細で、やさしい。そんなアンビバレントなヨーコっていう難役を、リキみもせず、ユルみもせず、演じ切ってる。笑い声がとくにいい。見事としか言いようがない。

少女・薫役の松本花奈ちゃんもいいねえ。この映画、切ないのよ。それは薫の10歳っていう年齢。大人たちのグジャグジャした人間関係にマジにならなくていい、でも一定距離をキチッと取っておいて、それを詰めようとはしない、そんなビミョーな年齢。その薫のビミョーさは、ヨーコさんになついていく過程でクローズアップされて伝わってくる。なおさら切ないんだよなあ。それも松本花奈ちゃんのイノセントな演技があってこそだ。

薫の父親役の古田新太もすごい。あの家庭、あの職業なら、あのオヤジしかない。子どもとの間合いの取り方なんかリアルだわ。他にも、鈴木砂羽、椎名桔平、トミーズ雅、温水洋一、樹木希林、まあ、このメンツなら面白くないわけないよ。

ドロップハンドルの自転車、250mlタイプのコーラ缶、ノーパン喫茶(実物は出てこない)、パックマンのゲーム機、麦チョコ、RCサクセション『いい事ばかりはありゃしない』(←これ、本来なら『スローバラード』でしょ!)、スカGやスバルの旧車たち、80年代初頭の小道具はよくそろえたと思うけど、もともと、あの時代特有の空気感って、『三丁目の夕日』とかに比べて、なかったと思うんだよ。もっとファッションとか、ヘアスタイルから近寄ったほうが正解だと思った。

でも、ほんと、いい映画。抱きしめたいような映画だわ。主題歌、YUIの『Understand』、いいねえ。YUIって、やっぱ、声いいわ〜

引用元:Amazon

\ 31日間トライアルで無料視聴!/

サイドカーに犬を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

 

 

タイトルとURLをコピーしました