弥生、三月 君を愛した30年(映画)の動画は無料で観れない?フル視聴する方法!

弥生、三月 君を愛した30年(映画)の動画は無料で観れない?フル視聴する方法!

なんとか弥生、三月 君を愛した30年の動画を無料で見れないか探してるんだけどいい方法はないのかなぁ?

 

動画配信サービスのU-NEXT使ってるけどオススメだよ!弥生、三月 君を愛した30年も登録時にもらえるポイントを使えば実質無料で見れるし、31日間の無料トライアル期間があるからもし気に入らなければ期間中に解約しちゃえばお金もかからないよ!

えっ?ホントに無料なの?じゃあ、早速チェックしてみるわ!

\無料で31日間お試しする/

弥生、三月 君を愛した30年を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

この記事では、弥生、三月 君を愛した30年の動画を安心安全に実質無料で視聴する方法をご紹介していきます。

弥生、三月 君を愛した30年が無料で視聴できる動画配信サービスは?

弥生、三月 君を愛した30年の動画が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

×=配信なし △=有料配信
動画配信サービス 配信状況
Hulu ×
ABEMAプレミアム ×
U-NEXT (無料トライアル特典ポイント使用で無料)
dTV
Paravi
FODプレミアム

弥生、三月 君を愛した30年が見られるのはU-NEXT、dTV、Paravi、FODプレミアムの4社で有料配信されています。

その中でも無料トライアル特典でもらえるポイント使用で無料視聴できるのはU-NEXTだけです。

 

U-NEXTに無料登録することで有料作品も見れるポイントが600円分もらえるし19万本以上が見放題とダントツに多いことや無料トライアル期間が31日間と長く、動画以外にも80誌以上の雑誌も読み放題から断然お得なんです。

もちろん弥生、三月 君を愛した30年もポイントを使えば実質無料で動画をイッキ見することができますよ!

 

無料トライアル期間が終わると自動的に有料コースに切り替わるので、注意してくださいね。

\無料でフル視聴する/

弥生、三月 君を愛した30年を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

*本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新情報は各動画配信サービスにてご確認ください。

U-NEXTのおすすめポイント

弥生、三月 君を愛した30年のフル動画を無料で視聴するには1番U-NEXTがおすすめです!

U-NEXTのおすすめポイントをチェックしてみたよ!

  • 190,000本以上の動画が見放題!
  • 登録時に最新作のレンタルに使えるポイントが600円分もらえる!
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる!
  • 初回登録から31日間の無料トライアルがある!
  • 動画以外にも80誌以上の雑誌が読み放題
  • 最大4アカウント作れるから家族で分け合える!
  • ダウンロード機能があるからどこでも視聴可能!

U-NEXTの無料トライアル特典がコレ!

U-NEXTってスマホやテレビでも観れるのかな?

スマホはもちろんテレビやパソコンでも見ることができるわよ~

もっとU-NEXTのことが知りたいなぁ!

U-NEXT公式ページでチェック!

弥生、三月 君を愛した30年の他にもたくさんの作品も見放題!

U-NEXT配信中の人気ドラマ

  • コウノドリ(2017)
  • GTO
  • きのう何食べた?
  • 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~
  • 民王
  • ゆうべはお楽しみでしたね
  • 架空OL日記

U-NEXT配信中のバラエティー番組

  • 千原ジュニアのヘベレケ
  • ブラタモリ(ポイント)
  • 超ムーの世界 R
  • TOKYO BB
  • よしもと新喜劇
  • ザキとロバ

U-NEXT配信中の韓流ドラマ・映画

  • キム秘書はいったい、なぜ?
  • 太陽の末裔 Love Under The Sun
  • 僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~
  • サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~
  • 相続者たち
  • 星から来たあなた
  • 力の強い女 ト・ボンスン

U-NEXT公式ページでチェック!

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

弥生、三月 君を愛した30年の見どころ

昭和、平成、令和と時代をまたぎ、運命に翻ろうされながらもその運命を信じ続けた2人の姿に涙する。正しいことに真っ直ぐ突き進み、強い信念を持つヒロインを波瑠が好演。

引用元:U-NEXT公式作品ページ

弥生、三月 君を愛した30年のストーリー

1986年3月1日。運命的に出会った弥生と太郎。互いに惹かれあいながらも、親友・サクラを病気で亡くしたことで想いを伝えられず、2人は別々の人生を選ぶ。しかし、人生は順風満帆ではなく、希望を見失っていた時、30年の歳月を超えて亡き友・サクラから…。

引用元:U-NEXT公式作品ページ

弥生、三月 君を愛した30年の出演者(キャスト)

出演

(結城弥生) 波瑠

(山田太郎(サンタ)) 成田凌

(渡辺サクラ) 杉咲花

(あゆむ) 岡田健史

(白井卓磨) 小澤征悦

(山田真理亜) 黒木瞳

岡本玲

夙川アトム

矢島健一

奥貫薫

 

監督

遊川和彦

 

音楽

平井真美子

 

脚本

遊川和彦

 

製作

藤田浩幸

市川南

弥生、三月 君を愛した30年のクチコミや感想は?

 

弥生、三月 君を愛した30年のクチコミや感想をチェックしてみたよ!

監督のオリジナル脚本なので、もしかすると、最初から波瑠と成田凌を両主演を念頭に置いて当て書きしたのではないかと思うぐらいに、二人のキャラクターにしっくり来る、よくできたストーリーでした。

優等生で、ともすると「正義マン」になりがちな主人公の弥生の不器用な生き方。これなど、まさに波瑠さんのキャラクターそのものでしょう。

そしてチャラさもどこか中途半端なら、誠実さも中途半端。サッカー部での活躍も中途半端な役柄の成田凌。

青春時代。
目の前に、ありとあらゆる可能性が開けていて、輝く未来に手が届きそうに思えていた時をスタートとして、「喪失」をテーマに、日々を描きます。

選択肢が失われるのが早過ぎたサクラと、ゆっくり、ゆっくりと選択肢が失われ行く弥生と太郎。
「選択肢の喪失」が大人になるということなのだとすると、大人になるとは、なんと残酷なことなんだろうと思わせるお話で、心に沁みる美しく哀しいシーンが山盛りのお話でした。

いったい何十箇所でロケを行ったのやらと驚かされるほど膨大なシーンの積み重ねによって丁寧に手間を惜しまず描かれた、青春から初老までの長い時間の流れを、わずか2時間に圧縮したドラマで、彼と彼女が生きた、幸せとは言えなかった30年間を振りかえる、しみじみとしたお話でした。

成田凌って、若いけど、ほんと名優だわと感心させられました。

引用元:https://eiga.com/

 

時期を逃して4月になって、「弥生、三月」を鑑賞。といっても、新型コロナウイルスの影響で多忙を極め、今頃のレビュー投稿となってしまいました。そのため、記憶が曖昧なところが多々ありますが、ご容赦ください。

鑑賞前の予告から、30年越しの壮大なラブストーリーが描かれるのだろうと予想していました。まあ、そうではあったのですが、それ以上にいろいろな内容が含まれており、胸が苦しくなったり、熱いものがこみ上げたりと、最後まで目と心を惹きつけられる作品でした。

物語は、太郎と弥生の高校時代から始まり、そこから30年の歳月の流れと、二人の人生と愛を描いています。高校時代とラストには多少の無理矢理感はあったものの、成田凌くんと波瑠さんが、それぞれの年齢に合わせた振り幅の演技を見せ、なかなかの好演だと感じました。

本作で最も特徴的なのは、その描き方です。三月だけで定時観測したかのような構成が実におもしろかったです。数年の移り変わりを、カレンダーをめくるような画面の切り替えで描き、二人の容姿が少しずつ変化し、歳を重ねていく様子が自然に伝わってきました。

そこに描かれるのは、30年間すれ違ってきた恋心だけではなく、思い通りにならない人生で味わう挫折や苦悩。それでも、その時その時で迷いながらも選んだ選択肢の結果が「今」なのです。時には必死でつかみ取り、時には手を伸ばすことを諦めた、そんな二人の姿が、冒頭から一貫して続く「バスを追いかける姿」に象徴されているように思います。

最後に、劇中の言葉「歳をとることが羨ましい」「転んだことより起き上がることに興味がある」がとても印象的でした。ラブストーリーではあるものの、本作から「人生を諦めず、いくつになっても自分らしく人生を切り開いていけ」というエールを送られたような気がしました。

引用元:https://eiga.com/

 

登場するのは序盤だけだが、物語を語るうえでの重要なエッセンスとなっている。
彼女は喋り方こそ幼ささえ感じさせる可愛らしいものだが、それでいて芯の通ったしっかりしたセリフ回しの出来る実力派。
主演が演技力に定評のある波瑠と成田凌とはいえ、二人を上手く引き立てているのは間違いなく彼女の存在。
役者さんの価値というのは、出番の数に関係なくいかに観ている側に印象付けられるかどうか、だということを教えてくれている。
朝ドラのヒロインに選ばれたのも納得。

ただ、この作品の残念なところは脚本。
遊川和彦は映画よりドラマ向きの脚本家なのかなと感じた。映画の2時間では忙しなくて、ストーリーを上手くまとめ切れていない印象。ベタなラブストーリーだからというより何となく全体的に軽い。1クール10話くらいの方が地に足の付いた構成が出来るのだと思う。
それと、この手の話に震災を絡めるのもどうかと思う。と言うより、むしろ当初から震災ネタを交えるというのが念頭にあって、そこから枝葉を広げていくうちに3月を題材にしたストーリーが出来上がったという感さえする。何となく安直というか安っぽい。
故に一つ一つのエピソードが薄っぺらく、後から取ってつけたような印象を抱いてしまった。

引用元:https://eiga.com/

 

成田凌と波瑠が高校生から45歳ぐらいまでの三十年間を断続的に演じるのだが、年齢的な違和感をさほど感じさせないのはふたりの持つ清潔感と演技力なんだと思う。いつまでたっても高校生らしい真っ直ぐな杉咲花を加えた三人の関係が歯痒くもいとおしい。

弥生(波瑠)の凛とした佇まいと正義感に溢れた行動力&決断力はチャチャ入れる余地がないほど。 いたなぁ。 小学校高学年の頃。 ああゆう女子。 幼い男子からは総すかん食っていたけど、個人的にはいいなぁと思っていた娘。 もちろん、そんなこと言い出せなかったけど。 男子同士の喧嘩に割って入って、結局自分が泣いてしまうまで頑張る娘とか。 いじめッ子をぎゃふんと言わせる啖呵切る娘とか。 だいたい早熟気味のスラッと背が高い娘だった。 そんな昔のことなんかが頭をかすめながら見るもんだから、切なくて、切なくて。だんだん弥生(波瑠)をじわりじわりと好きになっていくのだった。太郎の子供、歩と太郎に何回もサッカーボールのパスをさせる弥生。もう一回。もう一回。もう一回。もう一回。

カセットテープのウォークマンは時の流れを感じさせる小道具のひとつに過ぎないと、ピッチ、初期の携帯あたりまでは思っていたが・・・・「出たかったなぁ、二人の結婚式。弥生と親友になれたのが私の誇りです。年をとってゆくってとてもうらやましい。よかったね弥生。」

あの時、弥生と太郎が感じた気持ちと行動は本物であると信じる。太郎が弥生を抱きしめ、高校の頃からずっとこうしたいと思ってたんだという言葉は生半可な気持ちではなく、うそはないと思う。男は若いうちは照れて道化を演じて逃げてしまうものなのだ。なにもかも失くして、自分に正直になった太郎に、弥生も堰をきったように気持ちを抑えられなくなった夜。朝になって、学校の仕事はきっちりする弥生が、出ていくときに太郎が「もう、弥生と離れたくないんだ。ずっと一緒に居たい。」 に、罪悪感が重くのしかかる弥生が言う言葉は「私、結婚しているのよ。そんなの無理よ、もう会わない。」そして、日めくりカレンダーが2011年3月11日を示す。

太郎のお母さん役の黒木瞳の「弥生ちゃん見つかったよ」の電話。遺体安置所の光景。弥生は生きていたが、「やっぱり、バチがあたったんだ」と。 タイミングが悪すぎる。そして、罪悪感で過ぎてゆく年月。喪失感や罪悪感が癒えるには年月が必要なのだ。太郎がさくらの墓の前で、「弥生が心配なんだよ」というの聞いて、弥生が婚約者を連れてきたときの太郎のように隠れる弥生。
転んだことより、立ち上がることが大事と生徒にいう弥生だったが、
自分のこととなると簡単ではない。
映画だとわかっていても泣かされてしまう。
映画館のロビーで、中島みゆきの糸が流れている。予告編でも糸が流れる。
余計、泣けるじゃないか!

ブレッド&バターの「あのころのまま」を思い出す
ダスティン・ホフマンになれなっかたよ(大塚博堂)も

高田馬場で弥生を探す太郎の場面。
古本屋で奇跡の人を見つけ、引き抜くとそこに弥生の顔が。
飛び出して、逃げる弥生。
びっこをひきながら、追いかける太郎。
あれ、高田馬場と景色が違うと思ったら、大森ベルポートだった。
キネカ大森のそばにあるいすゞのビルだ。
懐かしかった。でも理由はいわない。

??僕をわすれたころに~
君をわすれられなぁ~い
くもりぃガラスのぉ窓を??たたいて??
君の時計を止めてみたい
あ~ ぼくの涙はあのときのまま
広い河原の土手の上を
振り返りながら走った
あ~ あれは 春だったね??

引用元:https://eiga.com/

\ 31日間トライアルで無料視聴!/

弥生、三月 君を愛した30年を今すぐ無料で見る!U-NEXT公式ページでチェック!

 

 

タイトルとURLをコピーしました